摂食障害の治療

大嶋信頼は効果あり!人間関係の改善で非嘔吐過食が止まった

大嶋信頼先生の本を一気に4冊読みました。

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法
スルースキル – “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法 –
「断れなくて損している」を簡単になくせる本
消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

大雑把にいうと、いずれも嫉妬自己肯定感の本です。

大嶋先生は幼少期に親から心身の虐待を受けた人で、どのように子どもの自己肯定感が潰れるか、その後どんなに生きにくくなるか、ほんとうによく知っているカウンセラーだと思います。

人間関係の問題は、幼少期の親子関係やトラウマとは切り離せません。
でも大嶋本を読めば、いま現在の人間関係の中で、「あの人にこうされたとき、どういう対応をすればいいか」が具体的に見えてきます。

ちょっとストレスがあるとすぐ過食していた私が、「ここ(大嶋本)に戻れば必ず過食が止まる」と思うようになっています。
個人的には大嶋信頼、効果ありです。

続きを読む

過食でリバウンド!ブログに書いておこう、そしてその対策は?

非嘔吐過食のブログへようこそ。
管理人のココです。

一時、体重が65㎏→59.9㎏に減りました!(身長164.5cm)
嬉しくて、このまま過食を克服してやせられるんじゃないかと思いました。

ひよこ
でもそうは問屋が卸さなかった。

最近職場である人と対立してしまい、ストレスにまみれて身動きできなくなってしまいました。

仕事行って、帰って過食してなんとか眠り、休みの日は過食して寝る。
家事や趣味もどこかへ行ってしまいました。
自分では海外ドラマにハマって楽しんでいると思っていたんですが、疲れてても眠くても、その動画を見るのをやめることができないんです。


メンタリストをAmazonプライム・ビデオで観まくっていました。
(メンタリストに罪はない、すごく面白い)
動画を見続けてしまうのは、SNSやゲームが止められないのと同じです。

仕事から帰ってきて、
「なんかすごくおなかが空いた」「食べないと明日の朝血糖値が下がるから食べなきゃ」
と考えて、動画を見ながらモリモリ食べ続けていたら、すっかりリバウンド。

64.8㎏という体重計の数値を見て、
「あれ? 私、元通り過食してる…!?」

ひよこ
なぜ完全に赤信号になるまで気づかないのか。

この「仕事終わりに過食する」癖への対策を、ブログに記録しておきます。
心理カウンセラーの大嶋信頼先生の「呪文」を使います。

続きを読む

『その苦しみはあなたのものでない』(大嶋信頼)の感想

大嶋信頼先生の本は、青山ライフ出版から出ている「大嶋節」が前面に出たシリーズが好きな私。
『その苦しみはあなたのものでない』は、薄いけどそれらの集大成です。

 
それだけでなく、「万能感」という重要なキーワードが解説されています。

大嶋先生の「嫉妬」「万能感」は、「どうしてあの人はこんなヒドイことをするんだろう」という、対人関係の謎をスッカリ解き明かしてくれました。

まさか「万能感」「カリスマ性」が、無意識での一体感を邪魔しているとは…
道理で、いままで「万能感」で人生を好転させようとしてもうまくいかなかったわけだ。

でも、「万能感」って、「私ならできる」っていう一見よさげな心構えですけども…?

続きを読む

過食の原因は脳の緊張。では脳の緊張をとる方法は?

私は長年非嘔吐過食症だったのですが、ここ1年…とくに心理カウンセラーの大嶋信頼さんの本に出会って以降、すこしずつ快方に向かいつつあります。
まだ完治はしていませんが、いままさに克服している最中という感じ。

私は大嶋本を読んで、
「そうか、自分はトラウマがあるから、常に脳が緊張しているのだ。
 緊張を和らげるために非嘔吐過食というストレスが欠かせなかったんだ」
と気づくことができました。
ストレスで緊張を和らげるというパラドックスについては、前回の記事にも書いてあります。

じゃあどうやったらその「脳の緊張」をとることができるのか。

今回は、それについて私がやっていることを書いていきます。
といっても、大嶋先生の本を読んで、そこに書いてある呪文を唱えているだけ。
ただ、いちおう2ステップあって、まずは根本のトラウマの呪文から、となります。

続きを読む

非嘔吐過食をやめるきっかけ。自分が「トラウマの人」だと気づいた!

 
私は以前にも、非嘔吐過食が治ったかな!? と思ったことがありました。
結局そのあとまた過食が再発して、もっと太ってしまいましたが…
振り返ってみると、そのとき過食が止まる要因として、食事の改善・行動の変化の2つがありました。

でもそれだけでは不十分だったようです。
私にとっては、もう1つ、トラウマと非嘔吐過食の関係が分かったことが大きかったです。

あくまで私の個人的体験で、完治したわけではありませんが、現時点で過食が止まっている要因についてまとめました。

続きを読む

非嘔吐過食を克服する食事と、「やりたいことをやる」練習

 
「野菜・果物・米・魚」で地味めしをやっています。
油断すると、果物が抜けがちですが、そうそう、りんごジュースが重要なのでした。

3時間で空腹になっちゃってちょっと焦りました。
一瞬、これは過食欲求かと不安になって。
その都度軽く食べたり、おやつを食べたりしたら大丈夫でした。

あと、今日はやりたいことを1つ、勇気を出してやりました。

続きを読む

心よ、どうしたらやせられますか?どうしたら過食をやめられますか?

大嶋信頼おおしまのぶよりリミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』の感想です。

私は「やせたいのにやせられない」「過食をやめたいのにやめられない」という悩みがあるので、そのために役立つ方法を求めて読みました。

この本のテクニックは「心よ!」と自分の心に質問するだけ。
それだけで自分を息苦しくさせているリミッターが外れるといいます。

なんだ、それだけ?
じゃあってんで、単刀直入「やせたい」「過食をやめたい」について「心よ!」のワークをやってみました。

効果は分かりません
ただ、実際にやってみたというだけの記事です。

続きを読む

大嶋信頼『口ぐせリセット』の感想

『いちいち悩まなくなる口ぐせリセット』(大嶋信頼おおしまのぶより著 大和書房)を読みました。

正直いうと、この手の本は「どうせ効果ないに決まっている」し、「いまの自分を変えるのがめんどくさい」ので、読むのがおっくうだったりするんですよね。

でも大嶋先生の本は、ネガティブな描写多めっていうか…
メンヘラな私でも反感を覚えることなく、ネガティブなスイッチを切れるようになっています。
『口ぐせリセット』も想像以上にふわ~っ と読めました。

私は非嘔吐過食症(むちゃ食い)で、太るのが嫌なのにむやみに食べてしまうのが悩み。
過食やダイエットに効く口ぐせについてピックアップしてみます。

続きを読む

過食克服のために!「いやなことをやめ、好きなことを始める」とは?

管理人はいま、過食症そのものやダイエットじゃなくて、「好きなことをやる」ことに力を注いでいます。

BOOCSでいうところの「快の原則」、大嶋信頼さんいうところの「本音モード」、心屋仁之助さんいうところの「逆をやってみる」であります。

自分の気持ちを押し殺したり我慢したりしていると、過食してしまうからです。
とはいえ、長年しみついた習慣を捨てるのは難しいもの。

実際にやってみて、やりすぎて嫌われたり、損をしたりすることもあります
それでもやってみたいと思って、日々試行錯誤しています。
私がやってみた小さいことを挙げてみます。

続きを読む

「本音モード」の効果!過食を止める方法として使えるよ!!

過食の頻度が下がってきました。

以前の私は職場の人間関係で疲れて、家に帰っても
「あんなこと言うんじゃなかった」
「あの人なんであんなこと言うの」
などと考えてしまい、過食することが多かったです。

今でも油断すると、以前のようにいい人ぶって気を遣って疲れてしまいます。
職場に入ると、反射的にそうなってしまうんです。
でも大嶋本「本音モード」を学びましたので、がんばって唱えています。

仕事を終えて、職場から出たとたんにコンビニに直行するのは、職場でニコニコ仮面をかぶっているから。
「本音モード」を唱えると、家も職場もフリーパスにでき、脳がニュートラルな状態でいられるんです。

続きを読む