1日1食で飢餓感があるとき。ココナッツオイルコーヒーについて

  • by
  • ヴィーガンケトのココです、こんにちは。

    ここ2日は1日2食になっています。
    前回の記事で書いたすごく消耗した日があって、そのあと飢餓感が出てきて、いろいろ調整しています。
    空腹を紛らわそうと、ココナッツオイルコーヒーも飲んでみました。

    私の場合は、飲んですぐではないですが、何時間かすると元気になり、飢餓感も消えます。
    そうすると、1食の場合はココナッツオイルコーヒーをとったほうがいいのかな?
    でもそうすると体脂肪は燃えないんだよな~??

    …今日もお世話になります、Dr.Berg!

    スポンサーリンク

    ヴィーガンケト×1日1食で飢餓感があるときにやるべきこと


    Dr.Bergの背後のホワイトボードに書いてあることを書き写します。

    もし間欠的ファスティングIFをしようとして、飢餓感があるなら…

    焦ってIFを早く進めすぎない

    2食でしんどいなら、いったん3食に戻す
    体が適応するように、徐々にやること。
    飢餓感があるならシンプルに食事回数を増やす。

    食事の脂質とたんぱく質を少し増やしてみる

    脂質は次の食事までの持続時間を長くしてくれる。
    たんぱく質の必要量は人によって違うので、1食につき85~170gの間で増やしてみる。
    多い人は198g要るかもしれない。

    ※たんぱく質食品の重さだと思われます。

    炭水化物を減らす

    糖質を食べると、その分ケトーシスに入れなくなる。
    糖質を食べると、血糖値が高くなっては低くなり、高くなっては低くなる。
    これは脳への拷問。
    イライラし、不機嫌になり、弱くなり、疲れてしまう。

    ※Dr.Bergのやり方だと緑野菜の糖質はカウントしません。
    ここでいっているのは、ベリーやお酒(アルコールは隠れた糖質だといっている)、ナッツ、でんぷん質野菜の糖質だと思われます。

    野菜を増やす

    7-10カップの野菜をとる。
    ※1.6~2.4リットルのタッパーを想像してください。

    カリウムマグネシウムをじゅうぶんにとるため。
    この2つのミネラルなくして、脂質を燃やすケトーシス状態には入れない。
    またカリウムとマグネシウムはインスリン抵抗性を改善する。

    アップルサイダービネガー

    ※りんご酢のことですが、Dr.Bergおすすめのアップルサイダービネガーはとても酸っぱいです。


    瓶の口も注ぎにくいです。
    日本のりんご酢、すごく飲みやすくて扱いやすいです…

    それはともかく、これはまず、たんぱく質の消化を助ける。
    また、血中インスリンの状況をよくするため、次の食事まで楽に過ごせる

    間食は脂質

    もし間食が必要なら、脂質をとること。
    たんぱく質もあまりおすすめしない。
    脂質はインスリン反応がきわめて少ない。

    3~4日待つ

    飢餓感が出たら、いったん食事パターンをゆるめ、徐々にケトーシスにもっていく。
    3~4日、あるいは1週間かかるかも。
    しんどい食事パターンで押し進めようとして苦闘しないことだ。

    ―Dr.Bergはそのようなことをおっしゃってます。
    私は、英語が分かりません。
    自動生成字幕とGoogle翻訳で観ているので、間違ってたらごめんなさい!

    これらの中で…
    「間食は脂質で」ということなんだけど、余分な脂質をとったらやせないんだよね? という疑問について。

    スポンサーリンク

    ケトではどのくらいの脂質が「とりすぎ」にあたるのか?

    これについてはこちらの動画を観ました。

    脂質についてはカロリーの75%というのがケトジェニックダイエットの基本だけども。
    「じゅうぶん」と「多すぎ」とのバランスをとること。

    もし低血糖症があるなら、次の食事までもたせるのには、すこし脂質を追加した方がいい
    「次の食事までもたなくて、空腹で気が狂いそう」っていうのが、低血糖症の問題そのものだから。

    だからといって、脂質をとりすぎるとどうなるかというと…
    肝臓と胆のうと膵臓に過負荷をかけることになる。

    膵臓はリパーゼという脂質分解酵素を分泌し、胆のうは脂質を小さい分子に分解する。
    もし低血糖症なら、膵臓はそれによって疲弊していて、リパーゼをじゅうぶん分泌できない。

    そうすると、腹部膨満感が出たり、の肋骨の下の端(胆のうがあるところ)から右肩、首の右側、頭痛、目の痛みが現われるかも。

    最初はすこし多めの脂質を食事に追加して、糖質代謝から脂質代謝への切り替えを容易にできるよう、適応する必要がある。
    適応できたら、体調に合わせて脂質を減らせばいい。

    脂質をとりすぎると、ケトーシス状態ではあるが、自分の体脂肪は燃えていないということが起こる。
    しかし、それを続けながら脂質量を調節すればいい。

    自分が次の食事まで絶好調ですごせて、なおかつ体重が減らせるスイートスポットを見つけるのだ。

    ケトをやるならIFと組み合わせて、自分の体脂肪を燃やそう。
    高脂質な食事を3回、間食にココナッツオイルコーヒーやファットボムを食べていてはいけない。

    ―という内容でした。

    スポンサーリンク

    まとめ

    ヴィーガンケト×1日1食は10日できましたが、疲労困憊した日があって、そのあと飢餓感が出てきました。

    Dr.Bergの動画によれば、飢餓感があるならいったん食事パターンを元に戻して、素直に1食増やせばよいとのこと。
    そして、また徐々にケトーシスに入れるようにします。

    7-10カップの野菜アップルサイダービネガーの助けを借りつつ。

    脂質の間食についてはOKだけど、できれば食事に脂質を追加した方がいいようです。
    まずは高脂質にして食べて、ケトーシスに入ったら脂質を減らすのですね。

    今回飢餓感が出たのは、ケトーシスが維持できていたので、自然と脂質を減らしていたからでもあります。
    減らしすぎてケトが切れちゃったんでしょうね。
    食事を改善するのが根本的対策だけど、仕事中にはココナッツオイルコーヒーを飲むのはいいかも。

    低血糖症の私にとっては、「次の食事までもつ」っていうのが、ことのほか重要なんだな~、と改めて思いました。
    2食だとかえってしんどいので、また1食の脂質を増やそうと思います。
    Dr.Bergは低血糖症者の視点を入れてくれるので、めっちゃ参考になります。

    52.2㎏まで減らしたけど、2食にしたら53㎏に戻ったよ~。
    そしたら今日は掃除とスロトレもでき、喫茶店でコーヒーを楽しんだりもできました。

    今日の巨大サラダとミックスシード。

    写真ないけど、くるみをたくさん、ピーナッツバターとセロリも食べました。


    ココ