ヴィーガンケト×1日1食。ケトを破るものとファスティングを破るもの

  • by
  • こんにちは、ヴィーガンケトのココです。

    前回の記事の日、23時間ファスティングできました。
    翌日と翌々日も仕事でしたが、無事エネルギー切れにならず、1日1食で過ごせました。
    あの記事で書いたアイテムを駆使したからだと思います。

    でも、
    「コーヒーやサプリをとったら、ケトーシス状態途切れるよな~?」
    と薄々疑問に感じていました。
    しかも体重は減らないので、なぜだろうと思っていました(53㎏ちょいです)。

    Dr.Bergの動画で、ケトーシス状態を破るということと、ファスティングを破るということの違いについてのものがありました。
    2つの疑問がスッキリしたので、次の項で貼りますね。

    スポンサーリンク

    ケトを破るものとファスティングを破るものとの違い

    Dr.Bergの動画はコチラ↓

    ファスティングとは断食。
    厳密にいえば水以外のもの(ボーンブロスとか分岐アミノ酸とかでも)を口にすればファスティングは破られます。
    ただ、海塩やビタミン・ミネラルのサプリメントなら許容できるし、ファスティングで倒れたりすることを防げます。

    どちらかというと人々が知りたいのは、そうじゃなくて、
    「この飲み物やサプリはケトを破るか?
    ということ。

    • MCTオイル
    • 脂質
    • サプリメント
    • コーヒー

    MCTオイルや脂質はケトを破りません。
    MCTオイルはケトーシス状態を強化するし、脂質はキープします。

    サプリメントやコーヒーについても、たいしてケトに影響はないそう。
    Dr.Bergはそれについて調査したといっています。
    まれにサプリやコーヒーでケトーシス状態から出てしまう人がいるそうですが、たいていの人は大丈夫らしいです。

    りんご酢+クエン酸カリウム+海塩の電解質ドリンクはセーフかな。
    レモンを入れるとおいしいけど、糖質2.5gくらいになります。
    ただ肝臓や副腎にはレモンは必要で、体感としてはケトが切れてしんどいことはないです。

    スポンサーリンク

    ケトを破らず体脂肪を燃やし、体重を減らしたいんだけど?

    正直いうと私はもう2㎏くらい落としたいですね。
    そうすればエストロジェン過剰問題はかなり解決するし、ふくらはぎだって細くしたいし。

    ただ、MCTオイルやその他の脂質をとると、自分の体脂肪は燃えないわけです。
    最終ゴールが減量なら、ケトを破らないとしても、食事に余分な脂質を追加するなとDr.Bergはいっています。


    夕食で食べる、ナッツ&シードたっぷりのヘヴィーなサラダ。
    私は豆類アレルギーのため、ナッツ&シードをたんぱく源にしています。
    ですので、ケトジェニックダイエットの理想的なPFC比よりかなり脂質摂取が多いです。
     
     

    ひよこ
    1日1食でも体重が減らないのは、そういう理由なんだね。

    まとめ

    ヴィーガンケト×1日1食で、エネルギッシュに過ごすコツがつかめました。
    サプリメントや電解質ドリンクはケトを破らないので、積極的に利用しようと思います。

    また、1日1食でも体重が減らない理由も分かりました。

    ふくろうさん
    ナッツ&シード食いすぎじゃな。

    食事からの脂質が多いのです。
    (なので、ココナッツオイルとかファットボムとかを欲することもないのですが)
    でも私は豆を食べられないから、仕方がない。

    私がヴィーガンケトと間欠的ファスティングをおこなう目的は、

    • 低血糖とエネルギー不足にならない
    • 高脂質なので、食べた分は間欠的ファスティングで消費する
    • 微量栄養素をとる

    です。
    体調がいいとすぐ忘れてしまうけど、基本的にはダイエットじゃなく、低血糖症対策なんですよね。

    夕食で巨大でどっしりしたサラダを食べ、エネルギー不足解消アイテムを駆使したら、めちゃくちゃ元気になりました。
    エネルギーが湧いてきて、職場で床のモップ掛けとかしちゃいましたもん。
    注意力散漫になることもなく、あれこれちゃんと気が付けるし(←これすごく重要)。


    Dr.Bergは合成サプリより天然もの、っていってたけど、お昼に飲むビタミンB群サプリも効いた気がします。
    ヴィーガンケト×1日1食だと、Whole foodsだけじゃちょっと心配かも。


    ココ