低血糖症はヴィーガンで治る?高脂質で1日2食。

  • by
  • 低血糖症のみなさん、こんにちは。
    管理人のココです。

    私はヴィーガンの食事をしています(Plant-based,Whole foods)。
    ヴィーガンってなにを食べているか、いまいち分からないと思いますが(・Θ・;)

    ヴィーガンは植物性のものしか食べませんが、「低脂質・高炭水化物」、「低炭水化物・高脂質」「高たんぱく質」など、ノンヴィーガン界と同じくらいバリエーションがあります。
    どの方法でも、その人の体質や目的に合っていれば機能します。

    この記事では、低血糖症の私がヴィーガン食で症状を出さないために、何を食べているか書きます。
    おもに自分へのいましめなので、低血糖症でもこの食べ方が合わない方もおられます。
    その点はご容赦ください。

    スポンサーリンク

    低血糖症の私がヴィーガンで食べているものは?野菜とナッツ&シード

    私はおもに、野菜とナッツ&シードを食べています。
    次の条件が満たせます。

    低血糖症で重要なのは、まずは糖質制限ですよね。
    それから血糖値を適度に上げるために、たんぱく質
    食事の回数を減らし、インスリン分泌の機会を減らすために脂質

    これはYoutubeでこの方↓Dr.Bergがいっていたことです。


    【間欠的ファスティングと低血糖症】
    ケトジェニックダイエットを推進している人です。
    間欠的ファスティングについては次の項で述べます。

    私は炭水化物は野菜しか食べません。
    糖質制限のレベルは人それぞれですが、私は玄米・オートミールやさつまいも、フルーツでも高血糖⇔低血糖のジェットコースターになります。
    さつまいもや冷凍ベリーは大好きなんですが、これはあきらめるしかありません。

    野菜はほんとにたくさん食べます。
    昼食は簡単に、夕食はパーティー用の大皿に巨大サラダを作ります。

    材料はサニーレタス、サラダ菜、サラダほうれん草、ベビーリーフ、小松菜、青梗菜、豆苗、ブロッコリーなど緑の野菜。
    カラーピーマン、プチトマト、ラディッシュ、紫玉ねぎなどカラフルなノンスターチーベジ。
    芋類や根菜はあまり食べませんが、かぶやにんじんはときどき食べます(にんじんはGI値が高いので要注意)。

    ナッツ&シードは生のくるみ、生のかぼちゃの種、生のヘンプシード、生のフラックスシード粉末、生のチアシード、洗いごま。

    タヒニとピーナッツバター(無糖)。


    そのほかアボカドをよく食べ、亜麻仁油やくるみ油、ごま油なども糖質を抑えるために利用します。

    私は大豆をはじめ、豆類やヴィーガンプロテインでアレルギーが出るので、ナッツ&シードを常食しています。
    ナッツ&シードからは適度なたんぱく質がとれますが、非常に高脂質なので、食べ方を間違えるとすぐ太ります。
    また、糖質をかなり含んでいるため、高脂質でもケトジェニックダイエットにはなりません

    ヴィーガン・ケトも調べてみましたが、Whole foodsでは無理なので、高脂質ヴィーガンにとどまっています。
    そのため、これ以上の減量はむつかしいかもしれません。
    少なくとも現在の体重(身長164.5cmで55㎏)を維持するために大事なのが、間欠的ファスティング、1日2食です。

    スポンサーリンク

    低血糖症と間欠的ファスティング。頻回食より1日2食!

    上記で紹介したDr.Bergは、低血糖症の人に食事回数を少なくするよう勧めています。
    なにを食べるかにかかわらず、食べること自体がインスリン分泌を刺激するからです。

    低血糖症では頻回食をすすめる治療もありますが、私は朝食をとると食欲が増して、過食を呼んでしまいます。
    個人的な体験としては昼と夜の1日2食(間欠的ファスティング)のほうが楽ですね。

    間欠的ファスティングとは、要は食間をできるだけ長く空けること。

    昼食:12時半

    まずは昼食と夕食の食間を8時間におさめ、夕食から次の昼食まで16時間空けます。
    次のレベルでは、昼と夕の食間を4時間にし、20時間のファスティング。

    最終的に24~48時間の断食に進みます。

    夕食:20時半

    私は夕食が20時半なので、4時間の食間だと16時半に「昼食」になります。
    そんなの仕事をしていては無理なので、そこまでは究めません。
    というか、ケトーシスに入らないと空腹で無理です。

    私はとにかく朝食を食べない、昼食の時間を前倒ししないようにしています。
    16時間ファスティングをして、この間に食事からとった脂質を消費します。

    脂質は、たんぱく質で適度に上げた血糖値を長時間維持してくれます。
    自分の体脂肪を燃やすのには役立ちませんが、食事回数=インスリン分泌の機会を減らしてくれるので、間接的にダイエットに寄与します。

    でも私は高脂質なサラダを食べても、翌朝おなかが空くことがあるんですよね。
    実はナッツ&シードは糖質をかなり含んでいます
    私は1700kcalで、糖質50~60gをとるため、ケトーシスに入れないんですね(ケトーシスに入るには糖質量を1日25g以下に抑える必要があります)。

    そのため、空腹に耐えかねて、朝食でフルーツをとったり、10時ごろに昼食を食べ、結局夕食と夜食もとったりすることがありました。
    そうすると、高脂質なだけにどんどこ太ります。
    あせって低脂質なダイエットをしてかえって太ったりして。

    ささやかな対策としては、夜、糖質の高いにんじんやピーナッツバターをたくさん食べないことくらい。
    でもきっちり16時間空けられると、体重のコントロールが容易です。

    スポンサーリンク

    まとめ

    低血糖症の管理人、野菜とナッツ&シードでいわゆる高脂質ヴィーガンをやっています。
    それに加えて1日2食というのがかなり重要。

    ただし、これは低血糖症を治すわけではなく、対症療法的な食事法です。

    ほんとうに治ればどのような炭水化物も食べられるようになるはずですが、残念ながら無理でした。
    ただ、やせないと、インスリン抵抗性が改善されませんよね。
    やせて体重を維持できるのが、私の場合は1日2食の高脂質ヴィーガンだけでした(もともと65㎏以上あった)。

    これですと、昼と夜のあいだは血糖値が維持できるので、エネルギッシュに働くことができます。
    朝の寝起きも悪くありません。
    すこし糖質が多いため、朝空腹になりますが、昼と夜の2食にすべくがんばっています。

    そうそう、コーヒーは朝の1杯だけにしておきましょうと、Dr.Bergはいっていました(インスリンを刺激するので)。
    あと、高脂質だと胆石のリスクもあるので、それにはレモンとりんご酢が効くそうです。
    私は毎日レモン水・りんご酢水を飲み、ドレッシングにレモンを使っています。

    なお、ナチュラルハイジーン(フルータリアン)で低血糖症を治したという人もいます。
    また豆類がOKなら、豆腐やヴィーガンプロテインで高たんぱく質にでき、ヴィーガン・ケトも可能かも。
    低血糖症かつヴィーガンの方がいらっしゃったら、コメント欄でお知らせいただけると嬉しいです。


    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ココ