2019年 1月 の投稿一覧

ヴィーガンケトで今日食べたもの(10~12日目)

プラントベース、ホールフード食ケトやってます、ココです。
なんかね、「ヴィーガン」っていうのは動物搾取をやめる生き方らしいです。
食事に特化して表現すると、Plant-based,Whole foodsになります。

本来、プラントベース食は、プラントベースでホールフードならなにを食べてもいいです。
野菜・穀物・豆類・果物・芋類・ナッツ&シード・海藻をなるべく幅広く、未加工で
ヴィーガン用プロテインやサプリ、ニュートリショナルイーストや、ヴィーガンのチーズ・ミートなどは加工度が高いですが、ジャンクフードとは違いその栄養に価値があるため、許容されている感じ。

ヴィーガンケトはかなり制限が多いですが、私は非嘔吐過食で健康を大きく損ねてしまった人間。
「病んだおかげでこの食事をモチベーションもってやれる」という謎の喜びがあります。

さて、今日は簡単に食事記録3日分を上げておきます。

続きを読む

ヴィーガンケトで生理過多を治したい(8日目)

私は典型的な洋ナシ体型です。
やせてみて分かったけど、上半身にくらべ、太ももとふくらはぎが太くてアンバランス。
太っているときは、それに加えて二の腕と脇の下に脂肪がつきました。

これは遺伝だけではなくて、体のどこが悪いかという体型タイプがあるとDr.Bergはいっています。
(次の項で動画貼りますね)
洋ナシ体型の人は、生理過多やPMS、子宮筋腫などに悩むようです。
つまり、エストロジェン過剰なのです。

卵巣がエストロジェンを届ける先が、下半身と二の腕だからだそう。

肥満のホルモンは主に3つあり、インスリンとコルチゾールとエストロジェンです。
私なんか、ぜんぶ思い当たるんですが、いまは糖質制限しているからインスリンはおいといて。
コルチゾールも該当すると思うけど、体型からしてまずはエストロジェンだなって。

肥満は問題じゃなくて症状であり、それらのホルモンが過剰生産される原因を治さないとやせないそう。
エストロジェン過剰な場合、どうすればいいのでしょうか?

続きを読む

ヴィーガンケトで19時間ファスティング(7日目)

ヴィーガンケトやってます、ココです。
昨日17時半に夕食をとり、今日は朝食なし、昼食は12時半でした。
19時間のファスティングでしたが、意外に大丈夫でした。

おなかが空いてないわけじゃないです。
まぁ我慢できるって感じで。
素早くは動けないけど、けだるそうになら動けました(笑)

昼食が楽しみで楽しみで…
食べたあと午後は、ちょっと注意力散漫だったかなあ。

毎日ほぼ同じですが、今日食べたもののと体重の記録です。

続きを読む

ヴィーガンケトで今日食べたもの(6日目)

5日前、体重55.6kgでした。
その日から高脂質な2食を始めて、今日はヴィーガンケト6日目というところ。
今朝の体重は53.7kg

久々に見た数字です。
昨日アボカドを食べたため、おつうじスッキリ、むくみもとれて体重が減りました。

さて、今日も2食です。
仕事の日は昼食と夕食の食間は8時間で、次の食事まで16時間のファスティングです。
今日は休日なので、夕食を早めて、明日の昼まで19時間のファスティングをしてみます。

でも今日は12時半に食べて、17時半にもう夕食が食べられて、ちょっと嬉しかったです(笑)
では食事内容をどうぞ。

続きを読む

ヴィーガンケトと間欠的ファスティングのやり方(自分用メモ)

ヴィーガンケトと間欠的ファスティング(intermittent fasting)のやり方です。
Youtubeでケトジェニックダイエットと間欠的ファスティングを推進しているDr.Bergの動画の内容をメモしたもの。

Dr.Bergはヴィーガンではないけど、ケトの基本的な考え方を非常に分かりやすく短い動画で教えてくれます。
ヴィーガンに向けての動画↓もありました。

動画の数が多すぎてなかなか全部見られないので、自分用にメモを残します。

続きを読む

低血糖症はヴィーガンで治る?高脂質で1日2食。

低血糖症のみなさん、こんにちは。
管理人のココです。

私はヴィーガンの食事をしています(Plant-based,Whole foods)。
ヴィーガンってなにを食べているか、いまいち分からないと思いますが(・Θ・;)

ヴィーガンは植物性のものしか食べませんが、「低脂質・高炭水化物」、「低炭水化物・高脂質」「高たんぱく質」など、ノンヴィーガン界と同じくらいバリエーションがあります。
どの方法でも、その人の体質や目的に合っていれば機能します。

この記事では、低血糖症の私がヴィーガン食で症状を出さないために、何を食べているか書きます。
おもに自分へのいましめなので、低血糖症でもこの食べ方が合わない方もおられます。
その点はご容赦ください。

続きを読む