『その苦しみはあなたのものでない』(大嶋信頼)の感想

  • by
  • 大嶋信頼先生の本は、青山ライフ出版から出ている「大嶋節」が前面に出たシリーズが好きな私。
    『その苦しみはあなたのものでない』は、薄いけどそれらの集大成です。

     
    それだけでなく、「万能感」という重要なキーワードが解説されています。

    大嶋先生の「嫉妬」「万能感」は、「どうしてあの人はこんなヒドイことをするんだろう」という、対人関係の謎をスッカリ解き明かしてくれました。

    まさか「万能感」「カリスマ性」が、無意識での一体感を邪魔しているとは…
    道理で、いままで「万能感」で人生を好転させようとしてもうまくいかなかったわけだ。

    でも、「万能感」って、「私ならできる」っていう一見よさげな心構えですけども…?

    スポンサーリンク

    『その苦しみはあなたのものでない』における「万能感」とは?

    大嶋先生はキリスト教の家庭に生まれたので、神という大いなる存在があって、自分自身が神にはなれないという前提があります。
    ですから、神にしか分からない他人の気持ちや、未来のことをあれこれ勝手に想像して苦しむことは「万能感」の1つで、無駄だといいます。
    逆に、自分がおかれた状況に不満を持ち、なんとかして改善してやろう私ならなんとかできるという考え方も、思い上がりの「万能感」だといってもいいわけです。

    でも、世の中はそういう悔しさをバネにして事態を好転させることを、よしとしていますよね。
    そういうことができる人、「万能感」を持っている人を、カリスマだと感じて惹かれていくわけです。

    それはそれでいいんだそう。
    カリスマ性のある人は、他人に影響を及ぼし、実際に悪い事態をよくすることができます。

    ただ、「がんばればなんとかなるはず」「私は非嘔吐過食を治せるはず」と思おうとして、無駄にがんばってきた私は…。
    たまにカリスマ性のある人に近づいて、お説を聞いてみて、まねしてみるんですけど、不快感が半端ない。

    他人の「万能感」で発作が起きてしまうんですよねー。
    嫉妬怒りなどの発作です。
    私はそれがいいほうに作用しないタイプの人間らしいです。

    職場に「万能感」をバリバリもってる先輩がいます。
    誰かが誰かの悪口をいうと、「これは私が解決しなければ!」と思うらしく、現場にいなかったのにもかかわらず、悪口を鵜呑みにして、悪口をいわれたほうに注意するのです。
    なにかしら改善しようとして余計なことをし、結果的に人間関係を破壊しています。

    重ねて書きますが、「万能感」を持つこと、カリスマ性は悪いものではないそうです。
    たとえば人気のある歌手がライブで観客を酔わすのもカリスマ性ですし。

    カリスマになるには発作を起こせばよいらしく、傲慢の発作を起こすために、トイレ掃除とか寄付とかすればバッチリ、って書いてあるところは、大嶋節全開でヒヤヒヤしました(いいぞ青山ライフ!)。

    スポンサーリンク

    「心よ!」を癖にする。自分の求めるものは無の安心感。

    私自身、「こんな状況はだめだ、ああすればいいのに。こうすればいいのに」という万能感を持っています。
    これって、不平不満がひたすらたまるんですよね。

    でも「万能感」を自分から排除するのは、難しいそうです。
    私のように、自分でも持ってて、身近に「万能感の泉」のような人がいると、簡単に発作が起こります。
    私の場合だと、脳に怒りが帯電して緊張し、極端なダイエットと非嘔吐過食をしたくなります。

    じゃあどうすればいいかというと、

    「心よ! 私とあなたのあいだに邪魔がありますか」
    「心よ! 私とあなたのあいだの邪魔を排除してください」
    「心よ! この怒りは私のものですか」
    「心よ! この不快感をあの人に返してください」

    こういった「心よ!」のワークで自分の感覚を取り戻せばいいみたい。
    自分の感覚を取り戻すと、キラキラして晴れ晴れした世界を感じるのではなく、静かで、なにも感じない凪になるそう。
    でもその無の感覚は、限りない安心感でもあるのだろうな、と想像できます。

    まとめ

    そうかー、敵は「万能感」だったかー。


    大嶋先生の好きな、私も好きな催眠のお師匠さんがこの本にも登場しますが、お師匠さんはいわゆる「オーラ」のない人だったそう。
    そんなもの、なくていいんだ…


    たぶん、これくらい↑でもいい、そう思ったら、ほんとうに楽になりました。

    私の場合は、ダイエットと過食がしたくなったら、誰かの「万能感」によって、怒りの発作が起きているというサインです。
    地味に「心よ!」のワークをしてみます。

    「見て、聞いて、感じて」のワークも会話中に唱えるだけだし、無意識さんにアクセスする簡単な呪文も必見。
    どんどん呪文が簡単になっていくところがすごいです。


    ココ