非嘔吐過食を克服する食事と、「やりたいことをやる」練習

  • by
  •  
    「野菜・果物・米・魚」で地味めしをやっています。
    油断すると、果物が抜けがちですが、そうそう、りんごジュースが重要なのでした。

    3時間で空腹になっちゃってちょっと焦りました。
    一瞬、これは過食欲求かと不安になって。
    その都度軽く食べたり、おやつを食べたりしたら大丈夫でした。

    あと、今日はやりたいことを1つ、勇気を出してやりました。

    スポンサーリンク

    食事記録

    午前9時―

    アマランサスごはん、きゅうりの塩昆布漬、野菜と煮干しの味噌汁

     
     
    午前11時半―

    ごはん、味噌汁

    食事量が足りなかったらしく、手足が冷えてきました。
    やはりある程度の量を食べないと私は元気が出ないみたいです。
     
     
    午後2時半―

    りんごジュース、ごませんべい2枚

    りんごジュースを飲み、大きなおせんべいも2枚。
     
     
    午後6時―

    ごはん、味噌汁、ツナ、青梗菜の胡麻和え、りんごジュース

     

    スポンサーリンク

    今日やった「やりたいこと」。思い立ったが吉日、とにかく動く

    さいきん私は将棋を観るのが趣味になりました。
    「観る」専門で、将棋を指すことはできません。

    以前、ファンになった棋士の方にバレンタインチョコを送ろうかなと思ったんです。
    でもやっぱり冷静に考えると、「おばちゃんからチョコもらっても嬉しくなかろ」と思えたので、気持ちを抑えたんですね。
    相手の方に気持ち悪がられるのでは周囲に痛い女と思われるのでは、と想像しちゃって。

    しかし、昨日はNHK杯の将棋にその棋士が登場していたんですよ。
    とても面白い対局内容で。
    見ていたら応援したい気持ちがメラメラと再燃してきました。

    それに、まだバレンタイン当日に将棋会館に荷物を着けることは可能な日付だ…!

    ということで、今日朝一でお財布持ってプレゼントを買いに行き、郵便局から発送したのでした。
    じゅうぶんな準備ができず、市販のお菓子とちょっとした雑貨を、ゆうパックの袋にじかに突っ込んでという形でしたが、とにかく行動しました。

    ああ、なんて楽しいんだ。
    自分を抑えない、やりたいことをただ素直にやる。
    小さなことでもやればやるほど、次もやりたいことを選ぶことができるような気がします。

    スポンサーリンク

    まとめ

    非嘔吐過食、止まってますね。
    作用点は「嫌いな人がいたから仕事を辞めた」ときと、「心よ! どうしたらやせられますか」と自問自答したときだったように思います。
    (体質に合う食事法は人それぞれなので、この食事のおかげというわけではありません)

    今日は空腹時におせんべいを食べたことがよかったです。
    実際、食べて手の冷えも解消しました。

    やりたいこと、快いことを選んでいくと、明るい方に行けるみたいです。
    私は、どうしても相手の反応や周囲の評価が気になる性格でした。
    急にやりたいことをやれるようになるわけじゃなくて、少し前からやってきた訓練の結果が出てきた感じですね。

    明日から新しい職場です。
    弁当はおにぎり2個か、ごはんと野菜、せいぜい魚の缶詰を詰めた簡単な弁当にするつもりです。
    「野菜・果物・米・魚」は前から順に食べる割合が多いイメージなので、朝と夜に野菜と果物をしっかりとろうと思います。


    ココ