非嘔吐過食のメニュー。心からやりたいことをやると決める!

  • by
  • 非嘔吐過食がまだ克服できていない管理人です。
    私の非嘔吐過食は、対人関係の問題が基本的な原因。
    それについてはカウンセラー・大嶋信頼さんの本を読んで対処しているところです。

    食べ方 は、いままでやってきた食事法をとっかえひっかえという感じで一定していません。
    穀物菜食のスターチソリューションをやると穀物アレルギーで唇が割れてきます。
    そしたらゆるい糖質制限(唐揚げダイエットなど)をやるというふうに、節操のない食行動をとっています。

    今日はスターチソリューションをしたときの食事記録です。
    自分ではグルテンフリーをがんばったつもりでしたが、振り返ってみれば非嘔吐過食でした。
    高炭水化物・低脂質で、大量に食べています。

    原因はなんだったのでしょうか。

    スポンサーリンク

    スターチソリューションでグルテンフリー!でも過食の食事記録


    休日の朝食:そば2人前、りんご

      
      

    昼食:おにぎり、野菜スープ

     
      

    夕食:ごはん2合、野菜スープ2杯(写真の倍量)

      
      

    寝る前:白ワイン3杯・りんご

      
      
      
      


    2日目の休日の朝食:そば2人前

      
      

    昼食:そば粉蒸しパン、野菜スープ

      
      

    夕食:白ワイン3杯、ごはん1合、野菜スープ3杯

      
      
      
      

    次の日は仕事で、朝はコーヒー、昼はりんご半分でした。
      
      

    夕食:助六寿司(スターチソリューションには違反ですが)、そば2人前、りんご

      
      

    夜食:そば粉蒸しパン

      
      
    小麦粉と豚肉はアレルギーが激しいです。
    米やそば、いも類、豆類、鶏肉でも唇は荒れますが、切れてしまうとこまではいかないようです。

    スターチソリューションは穀物をたくさん食べるので、800kcal×2食くらいだったら、私の中では過食ではありません。
    それを3食とか、1度に2000kcalとなると、無意識でストレスを感じてるんだな、ってところです。

    スポンサーリンク

    仕事の日はBOOCS(1日1快食)で体重減

    仕事の日は朝昼をごく軽くして、帰宅して1快食というパターンにできることもあります。
    1快食が過食になってしまうと意味がありませんが…

    実はBOOCSって1快食の型よりも、「好きなことをやり、嫌いなことはやらない」という原理の方が重要なのです。
    大嶋信頼さんの「本音モード」と同じ。
    心屋仁之助さんの、家族に甘えたり、やりたいことをやるって宣言したりするのとも同じですね。

    もし大嶋本でいうところの「心が凪」状態(脳が緊張していない状態)だったら、自然に・・・型どおり1快食できて、するするっと体重は減ります。
    (注:肥満→標準体重レベルの話です)

    私、仕事の日は意識して自己中心的に振る舞っていました。
    そうしたら、「私っていやな奴~」と思いつつも、結構心が凪だったんですよ。

    でも、休みの日はそれを忘れていました。
    「ブログを書かなきゃ」という焦りと不安で、休みの日の方がしんどかったです。

    ブログは、もともとは、無職期間の在宅ワークがスタートでした。

    昨年、非嘔吐過食と低血糖症でいよいよまともに働けなくなり、在宅ワークを探していたんです。
    文章を書くのが好きだったので、CrowdWorks(クラウドワークス)さんに登録して、他の方のダイエットブログの記事を書いたりしていました。
    最初に報酬として6000円手にしたときの感動は忘れられません。

    その体験がもとになり、自分でこのブログをやることにしました。
    無職なので全力投球していました。
    にもかかわらず、ブログで広告収入を6000円稼ぐのはものすごく大変だ、とだんだん分かってきました。

    ただ、ブログ記事を書くために、過食やダイエットのことを調べていたら、大嶋本に出会ったんですよね。
    そのおかげで再び外で働くことができるようになりました!

    もう状況が変わっているのに、「ブログを書かなきゃ」が残っていたんですね。
    これからは書けなければ書かなきゃいいし、書きたいときに書くことにします。

    関連記事:「BOOCSダイエットとは?脳を癒す、心を癒す」
    関連記事:「『本音モード』の効果!過食を止める方法として使えるよ!!」
    関連記事:「スターチソリューションの効果!1週間で1.6kg減!」

    まとめ

    管理人はまだ非嘔吐過食をしています。
    仕事での対人関係問題は、日々いろいろな葛藤はありつつ、以前より対処が楽になっています。
    だから、うまくいくとBOOCSダイエットの1日1快食になって、減量できます。

    ただ、休みの日に「やらなきゃいけないのにできない」ストレスで過食してまた太っていました。
    ここにはすでに矛盾があって、動けなくなる自己暗示が入ってしまってるみたい。

    今度の休みの日は、
    「やりたいことをやる」

    やりたいことが特になければ、
    「できないことはやらない」
    でいってみます。

    スターチソリューションについては、穀物アレルギーでやりにくいですが、グルテンフリーにすればかろうじていけそうです。

    スポンサーリンク


    ココ