「本音モード」の効果!過食を止める方法として使えるよ!!

  • by
  • 過食の頻度が下がってきました。

    以前の私は職場の人間関係で疲れて、家に帰っても
    「あんなこと言うんじゃなかった」
    「あの人なんであんなこと言うの」
    などと考えてしまい、過食することが多かったです。

    今でも油断すると、以前のようにいい人ぶって気を遣って疲れてしまいます。
    職場に入ると、反射的にそうなってしまうんです。
    でも大嶋本「本音モード」を学びましたので、がんばって唱えています。

    仕事を終えて、職場から出たとたんにコンビニに直行するのは、職場でニコニコ仮面をかぶっているから。
    「本音モード」を唱えると、家も職場もフリーパスにでき、脳がニュートラルな状態でいられるんです。

    スポンサーリンク

    仕事中や休憩中に「本音モード」を唱えてみよう

    『ミラーニューロンがあなたの脳を救う!』(大嶋信頼)を読むと、「本音モード」という言葉にどういう意味があるのかよく分かります。
    お手本があったほうがいいので、思いついたら、数ページでも読みます。

    私の場合ですと、職場の休憩時間に問題がありました。
    チーフがとても無口な人で、昼食の間、妙に空気が張り詰めてしまいます。
    シーンとするのに耐えられなくなると、1人の先輩が、必死になってチーフから話題を引き出そうとしますが、すべて仕事の話ばかり。

    私はこのとき「本音モード!」を唱えて、文庫本を読んでいました。
    先輩が気を遣っているのは分かりますが、「本音モード」だと仕事の話に興味がなかったのです。
    完全に2人と違う空気でそこに居ました。

    すると、チーフが私の食べていない料理を見て、
    「牛肉、嫌いなんですか?」
    と口を開きました。

    「おっ、話しかけてきた! 仕事の話じゃないぞ!」
    とわくわくして、
    「今ベジタリアン週間なんですよ~」
    と会話が始まりました。

    たったこれだけのことですが…
    初日に、休憩室の異様な雰囲気に疲れてしまった私にとっては、とても嬉しいことでした。

    あと、1年半チーフと仕事をしながら、チーフがどこに住んでいるのかすら、先輩は訊けなかったそうです。
    それほどに、プライベートなことを聞きづらい雰囲気なのです。
    でも、私は会話の流れでさらっと訊くことができました。

    質問されたチーフは嬉しそうで、照れているように見えました。
    たぶん自分が無口なことを、自分でも気にしていたのだと思います。

    スポンサーリンク

    いい人ぶってどうするの?フリをしているのは周囲にはバレバレ

    気を遣う先輩のことですが。
    実はこの人、23歳ととっても若い女子です。
    (私は短時間のパートにすぎません)

    で、ずいぶん大きな人なんです。
    6Lサイズくらいあるんじゃないかな?

    声が大きくて、明るくておしゃべり。
    チーフや上司に対しては、気を遣ったりおべっかを言ったり。
    でも視線はチラチラして、不安そう。

    自分が数日前にミスをしたことを、自虐的に大声でしゃべっています。
    「注意されると、そのあとかなり凹むから、ちゃんと仕事覚えてくださいね~」
    とも言っていました。

    えっ、新人のうちは注意されるのなんて、当たり前じゃない?
    へえ~、もしかして、この人は他人をジャッジして、自分も批判にさらされることを恐れているんじゃないかな、と感じました。

    先輩は太ってはいますが、お昼に大盛弁当を食べるわけじゃないんです。
    おにぎりやパンを1個、お菓子を1個食べるだけ。
    私と同じで、好き嫌いも多いです。

    ここからは、完全な想像になりますが。
    たぶん、家に帰ってから大食しているんじゃないかなーって思います。
    (私が自分の問題を投影している部分が大きいので、事実かどうかは不明です。)

    本音モードでいられないとき、私は食欲が増します
    最初は過食欲求とも分からないくらい、正常な空腹感だと思っています。
    食事量が明らかに異常になってきて、初めて自分の過食やストレスに気づきます。

    本音モードでいられて、脳が凪の状態だと、思った以上に量が食べられません。
    私、めっちゃふつうの人みたい! と驚くほどです。

    スポンサーリンク

    まとめ

    大嶋信頼さんいうところの「本音モード」を使うと、対人関係が改善します
    もしかしたら、一旦は周囲の人がびっくりして、関係が悪化するように感じられるかもしれません。
    でも結果的には自分の居心地のいいように変化します。

    対人関係がよくなれば、食欲がふつうになり、過食する必要がなくなります。
    私は「○○の恐怖」 も併用しています。
    お湯が沸くのを待っている間とか、肩のストレッチや深呼吸をしながら唱えます。

    職場の人や友人と接していてイライラするけど、対人関係を改善する方法が具体的に・・・・分からないという人は、『ミラーニューロンがあなたの脳を救う!』はいいお手本になります。
    どういうのが「いい人ぶっている」のかすら自分で分からないと思いますので。

    私もまだ、家と職場が完全にフリーパスじゃないです。
    1日1日、「本音モード」を唱えて行こうと思います。
    (もちろん、家で1人でいるときも使えますよ)

    スポンサーリンク


    ココ