2017年 10月 の投稿一覧

職場の人間関係で過食してしまう場合…本音モードを貫いたら?

管理人は、カウンセラー・大嶋信頼さんの本を読んでいます。
対人関係問題を解決することで、過食を止めようという目的です。

大嶋本を読み込み、すこし理解したところで、勇気を出して就職して第1日目
やっぱり、帰宅して過食になっちゃいました

う~ん、対人関係を築こうとすると、今まで通りの感じになります。
いい人ぶったり、ちょっと馬鹿にされるとパニックになったり。

もし、大嶋氏いうところの、「本音モード」、自然体、もしくは無意識さんでいられたら、楽だろうなあ。

続きを読む

脳を心を凪にする。今後の目標だ

困ったことに、非嘔吐過食が止まっていないんです。
なぜかっていうと、まだ何もないとき、暇なときの緊張が高いんでしょうね。
大嶋信頼氏のブログ、その名も「緊張しちゃう人たち」だもんね。

トラウマの人はストレス刺激があると、普通の人とは逆に、ストレス反応が下がるっていうあれで。
自分で過食して自己嫌悪に陥る(=ストレス刺激)と、ようやく脳が平静を取り戻すという瞬間を、明らかに感じました。

あかん、こういうふうに意識で考えてしまうとダメなんだけど…

続きを読む

『ずるい人が周りからいなくなる本』(大嶋信頼)の感想

大嶋氏はどんどん新刊を出されていますね~。
『ずるい人が周りからいなくなる本』もなかなかよかったです。
今まで私は「ずるい人」とは表現していなくて、「ムカつく人」と思っていました。

大嶋本は、トラウマがある私にとっては暴露療法みたいなとこがあります。
本に書いてあるケースが、自分の「ムカつく人」のイヤな記憶を容易に思い起こさせ、直面させられるからです。
だから、寝しなに気軽に読める本ではなく、なかなか手に取ることができないときもあります。

ですが、呪文(暗示の言葉や遺伝子コード)は読んでいる箇所に書いてあるので大丈夫。
本気でメンタル症状を治したい人にはオススメです。

この本を読むと、日常で「ムカつく」=「ずるい人にイラっとする」ことが減ります。
私はルールを守らない人が許せなかったんですけど、だいぶスルーできるようになり、自由になった気がします。

続きを読む

過食をやめようと思ってもやめられない!?自己暗示と不安に気づく!

 
こないだ、外に働きに行こうと思って、履歴書を書いたんですよ。
私は1~3年で転職をたくさん繰り返していて、職歴がヒドイことになってるんです。
それを改めて書いていると、どんどん気が滅入ってきて…

気づいたら過食が止まらなくなっていました。
過去の職場で遭ったイヤなことやイヤな人が次々フラッシュバックしてきますから…

でもそれくらいは私にだって分かります。
あ、これ履歴書書いてるせいだなって。

でも、それが分かってもなお、止まらないのです。
いろいろ呪文を唱えてもダメでした。

続きを読む

過食の原因が分かったら。次は過食スイッチをなくしていこう

非嘔吐過食のブログへようこそ。
過食をやめたい一心で、カウンセラー・大嶋信頼おおしまのぶよりさんの本を読んでいます。

こないだ私の過食の原因が「蔑まれる恐怖」だったと書きました。
そのあとから、いちおう過食は止まっています。

まだダイエットを始めるまでには至っていないのですが。
ただ空腹感はあまりないんですよ、不思議なことに。

そして、今日ご紹介する3冊の本には、過食スイッチをなくしてしまうのに使えそうな暗示がいっぱい載っていました。
ベースは「○○の恐怖×7」だと思いますが、ちょっとしたストレスから過食する人には、これらが有効なんじゃないかと思います。

続きを読む

過食症の人にオススメの本。あなたは「支配する人」?「虚無の人」?

昨日から、大嶋信頼さんのライトなシリーズに入りました。
まずは『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』。

わぁ、これ1冊でいいじゃん!!
これより前の著作6冊よりすごく読みやすいし、辛くなることも少ないです。

それでいて脳ネットワークがつながっている話や、ストレス刺激で逆にストレス反応が下がってしまう話、「本音モード」「浮き輪モード」「心よ!」も、ぎゅうぎゅう 詰め込まれています!!
ありがちなタイトルでちょっと本屋で買うの恥ずかしいのが難点か…

過食症の人がみんな同じ属性ではないでしょうけど…
やたら人の気持ちを考えてしまう人にはオススメかも。

続きを読む