抗うつ薬・抗ヒスタミン剤で太る理由とは?セロトニンとグレリン

  • by
  • 抗うつ剤であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)でやせられないか、と不届きなことを考えていた管理人。
    SSRIを飲んでいる人は、糖尿病の低血糖発作を起こしにくいと読んで、低血糖症に効くのかな? と思ったのです。

    しかしよく調べると、うつや摂食障害で精神科から処方されたSSRIで、太って困っている人の声がけっこう多かったです。

    また抗ヒスタミン剤の花粉症の薬で太ることもあるとのこと。
    たしかに、花粉症の薬を飲んでいたとき、食欲が止まらなかった!

    SSRIと抗ヒスタミン薬で太る理由はなんでしょうか?

    スポンサーリンク

    抗うつ薬は太る!セロトニンで代謝低下、抗ヒスタミンで食欲UP

    抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質を増やすための薬です。
    セロトニンは緊張を和らげリラックスさせる物質です。
    まったりすれば、副交感神経が優位になり、食欲は増します

    ひよこ
    そういうお薬なんだから、仕方ないね。

      
    また、一般的にそこにだけ効く薬というものはなくて、どうしても副作用がついて回ります。

    抗うつ薬には、ヒスタミン受容体をブロックするという副作用があります。
    ヒスタミンはアレルギーを起こす物質で、抗うつ薬には抗ヒスタミン作用があるということになります。

    悪いことではない気がしますが、実はヒスタミンには食欲を抑える作用があります

    ふくろうさん
    ヒスタミンの前駆体、ヒスチジンを積極的にとろうというダイエットもあるくらいじゃ。

      
    ですから、そのヒスタミンを減らす作用のある薬は太ります。
    また、抗ヒスタミン剤は食欲増進ホルモンのグレリンを増やす働きもあります。

    抗ヒスタミン作用に加えてグレリン増加なんて、太るはずですよ。

    ふくろうさん
    やせるホルモン、レプチンもあるぞ。

    ひよこ
    ふん、レプチンなんか…

      

    スポンサーリンク

    食欲を司るレプチンとグレリン!コントロールしようなんて百年早い

    レプチンはやせるホルモンとして有名ですね。
    体脂肪が増えてくると、満腹中枢に働きかけて食欲を抑え、体脂肪を燃焼させる働きがあります。

    でも、これ、たぶん私のようにすでに太りすぎた人には効きません(早々にあきらめモード)。

    レプチン抵抗性というのがあって、体脂肪が多すぎるとレプチンが効かないんですね。
    レプチン抵抗性を治すには、体脂肪を減らさないといけないわけで、

    ひよこ
    だからどうやったらやせられるのさ?

      
    という話であります。

    簡単にレプチンを増やす方法はなくて、

    • 高たんぱく質でヘルシーな食事をする
    • 運動をする
    • 規則正しい睡眠をとる

    という、王道ダイエットが求められます。

    グレリンの方は、食欲増進作用もありますが、成長ホルモンの分泌も刺激します。
    成長ホルモンはアンチエイジングに重要なホルモンですから、一概にグレリンを悪者にすることもできません。

    またカロリー制限をしたあと、 グレリンの分泌量が増えることが分かっています。
    ダイエットをすると、前よりもおなかが空くわけですね。

    ダイエットに成功したあと、レプチンが増えるまでにちょっとタイムラグがあります。
    その間の空腹感に耐えられない私のような人間は、グレリンが増えたことでリバウンドしてしまうというわけです。

    スポンサーリンク

    まとめ

    カロリー制限でやせたのに、そのあとリバウンドしてしまうのは、食欲増進ホルモン、グレリンの仕業かもしれませんね。

    抗うつ薬や花粉症の薬で太るのも抗ヒスタミン作用グレリンが原因の1つだと分かりました。

    抗うつ薬や花粉症の薬を飲むときは、症状を抑えるのが最優先ですので、太るからと言って飲まないわけにはいきません。

    グレリンと反対の、やせるホルモンであるレプチンを増やしましょう。
    地道ですが、

      スポンサーリンク

    • 高たんぱく質でヘルシーな食事をする
    • 運動をする
    • 規則正しい睡眠をとる

    といった健康的な生活習慣を続けるのが大事です。


    ココ