献血の血液検査の結果が1週間で郵送されてきた!その結果…

  • by
  • 先日献血してきたんですけど、1週間で血液検査の結果が来ました~
    うっわ、すごいドキドキする。

    スタートソリューションにハマって、動物性食品をとらなくなったり。
    フルーツダイエットにハマって、フルーツ多めに食べたりしていました。
    低たんぱく質で鉄分不足って叱られそう。

    さあ、どうでしょうか。

    スポンサーリンク

    献血の血液検査の項目は?中性脂肪とHbA1c、HDLはない。

    さっそく結果を見てみましょう(画像が悪くて申し訳ありません)。
    左側の数値が今回です。
    まず私が見たのは、総蛋白。


    ふ、増えとるがな!
    このハガキには今回含め4回分の結果が記されていますが、過去3回はいずれも糖質制限していたときのもの。
    糖質制限をするにしたがって減っていた総蛋白が、低たんぱく質食なのに復活しています。

    植物性たんぱく質の方が、私の体には吸収しやすいんでしょうか
    栄養療法的には7.5g/dl以上がよいそうです。
    それだとちょっと不足ですね。

    次にコレステロール。
    中性脂肪、HDLやLDLの項目はありません。


    コレステロールとも書いてないけど、たぶん総なんだろう。
    まあこれは予想通り。
    前回異常値で♯がついていますが、今回は低脂質にしたので、基準値(140~259mg/dl)に入っています。

    そしてグリコアルブミン。
    血糖値やHbA1cの項目はありませんので、グリコアルブミンで血糖値を見ます。
    グリコアルブミンは、1週間の血糖値の推移を表しています(HbA1cは1カ月)。

    基準値は12.3~16.5%です。
    糖質制限時代は低めで、あきらかに低血糖でした。
    全然糖新生できてなかったので。

    14.5以下だと低血糖症の疑いとのことで、14.6なら低血糖症じゃないといっていいですね!
    これは、フルーツダイエットで絶好調の1週間を過ごした直後の検査です。
    正確に反映されるもんですねえ。
      
      
      


    貧血の指標のヘモグロビンも上がっていますね。
    不思議すぎる。
    元気に過ごすには13g/dl以上あるといいです。

    あとはちょっとγGTPが11に下がっているのが気になります。
    10以下になると、栄養療法的にはたんぱく質不足だそうです。

    ということで、献血の血液検査の結果は、たんぱく質不足の気配がチラチラしつつ、著しい異常値はありませんでした

    関連記事:「スターチソリューションとは?おどろくべき効果と方法!」
    関連記事:「フルーツダイエット1週間で2.9kgやせた!空腹感なし!」

    スポンサーリンク

    まとめ

    献血したときのサービスで血液検査の結果をいただきました。

    糖質制限時代から2年ブランクがあり、体重もけっこう増えているので一概にはいえませんが…
    どうしてもやせたくて糖質制限していた時は、明らかなたんぱく質不足・低血糖がみられます。

    人によって、食事法は合う・合わないはあるもんですね。
    現在は低たんぱく質・高炭水化物食ですが、健康に問題はなさそうです。

    健康を保って4か月後くらいにまた400ml献血をしたいと思います。

    スポンサーリンク


    ココ