米アレルギーの大人の症状は?主食は芋とフルーツで大丈夫!

  • by
  •  
    こないだ米粉蒸しパンを食べていたら、途中で唇が割れました。
    ああ、とうとう米もだめになりましたか(ノДT)
    即時型の米アレルギー、確定です。

    私は小麦アレルギーもあります。
    パンが好物でしたので、小麦除去には苦労しましたが、ようやく慣れてきました。
    その代替として米とそばを食べていたんですけれど。

    そういえばこないだ納豆ごはんを食べたときも、唇が割れる症状が出ました。
    あれ? と思っていたんです。
    そばも、唇が乾くことは分かっていましたが、小麦ほどアレルギーは重くないので食べ続けていました。

    しかし食べる頻度が増えれば、米やそばの症状は重くなるのも道理…

    米もそばも除去するとしたら、食べるものは、フルーツ しかありません。

    スポンサーリンク

    米アレルギーの大人の症状!唇の割れは速攻、湿疹が長引く!!

    私の場合、米アレルギーと小麦アレルギーの症状はほとんど同じです。


    再掲です。お見苦しくて申し訳ありません。

    • 食べてすぐ唇が割れる
    • 口の奥にポツンとした口内炎ができる
    • のどにたんが絡む
    • 鼻の穴が痒い、鼻の中にかさぶたができる
    • 頭皮や耳の溝、耳の穴に湿疹が出る(痒い)

    小麦アレルギーの場合はもっと重くて、これにくしゃみ・鼻水と、息苦しさが加わります。
    いずれも、こんなにひどくなったのは大人になってからです。

    唇の割れが痛いのと、頭皮の湿疹(フケが落ちる)が見た目に不快なのがツライです。
    唇は食べている間に割れて出血、頭皮の湿疹はあとでじわじわ来て2~3日続きます。

    ほかに、小豆とレンズ豆も怪しいと思っています。
    大豆もチェックしないといけません。

    大人が自分で即時型アレルギーをチェックするなら、丸1日その食べ物を避ければ分かります。
    他に食べる物は、アレルギーが出ないと分かっているものだけにします。
    次の日食べてみて症状が出るか出ないかを見ます。

    でも、これだけアレルギーが多いと、チェックするときに何を食べていいんだか分かりませんよね。

    スポンサーリンク

    芋類とフルーツも主食にできる!カロリーと栄養は考えて!

    私はダイエットの一環で、

    • じゃがいもダイエット
    • さつまいもダイエット
    • フルーツダイエット

    をやってみました。
    じゃがいも、さつまいも、フルーツそれぞれをメインにして、野菜やナッツを添える食生活でした。

    栄養的な問題を調べた上で体験してみて分かったんですが、意外に大丈夫です。
    じゃがいもにはかなり質のいいたんぱく質・ビタミン・ミネラルが含まれています。
    さつまいもやフルーツも、たんぱく質を補えば元気に過ごせます。

    ですから米をはじめとした穀物アレルギーがあっても、ご安心を。
    チェックする間、芋類やフルーツを主食にすることが可能なんです。

    注意事項としては、フルーツにはりんごやキウイなどのようにアレルゲンとなるものがあること。
    芋やフルーツは穀物よりカロリーが低いので、低カロリーにならないよう気をつける必要もあります。
    たんぱく質もとって、長期的にはバランスよく食べるべきです。

    でも芋類やフルーツのほかに、たいていの人は、これなら食べられるという穀物もあるでしょう。
    野菜はもちろんのこと、肉・魚から栄養とカロリーをとることができます。

    関連記事:「小麦アレルギーの症状!大人の場合(2週間グルテンフリー後)」
    関連記事:「じゃがいもダイエットのやり方!効果とともに徹底紹介!」
    関連記事:「さつまいもダイエットの効果!食べ放題なのに1日で0.6kg減」
    関連記事:「フルーツダイエット1週間で2.9kgやせた!空腹感なし!」

    まとめ

    自分に即時型の米アレルギーがあることがハッキリしました。
    すでに小麦は除去しています。
    ほかにも、そば、大豆をチェックしているところ。

    アレルギー症状はツライですし、なにを食べていいのか悩むこともストレスになります。
    でも、代わりに芋類とフルーツが使えると分かっていれば安心ですよね。


    このあいだ、主食にフルーツとかぼちゃしか食べていない日がありました。
    そうしたら、アレルギーでぱっくり割れていた唇がツヤツヤになったんですよ。

    スポンサーリンク

    アレルギー食材があるのは大変ですが、栄養バランスを考えながら、芋類とフルーツを活用していきましょう!


    ココ