L-カルニチンで低血糖に!血糖値を下げるサプリは要注意!

  • by
  • L-カルニチンは、脂肪燃焼作用があるダイエットサプリ。

    ダイエットに気合いが入って、食事制限を頑張ることができているので、いまこそ!
    と思って、L-カルニチンを飲みました。

    そしたら?
    あら?
    なんだか力が入らない~。

    ああ、また・・やってしまった!
    低血糖症の管理人は、「代謝をよくする」サプリメントで、かえって低血糖になりがちなんです。

    スポンサーリンク

    アルギニンを再テストしてみた!やはり低血糖症には向かない

    今日の低血糖事件は2段階でした。

    まず昨夜アルギニンを飲んで、4時に目が覚め、軽く頭痛になりました。
    すでにアルギニンはどうも低血糖気味になるみたい、ということが分かっていたんですが、もったいないので寝つきのサプリとして使ってみたんですよね。

    アルギニンはグルカゴン・インスリン・成長ホルモンを刺激する物質ですが、血糖値上昇効果はカフェインのように一時的なもので、結局は血糖値は下がるみたい

    とりあえずジュースを飲んで復活しました。

    スポンサーリンク

    L-カルニチンもだめなのか?脂肪燃焼を狙うも血糖値低下作用

    さて、私は代謝を上げるサプリとして、

    • L-カルニチン
    • CoQ10
    • L-グルタミン

    オススメだという記事を書きました

    L-カルニチンとCoQ10は脂肪燃焼を助ける成分です。
    L-グルタミンは、筋肉の修復や腸内の修復を助け、低血糖を防ぐこともできる糖原性アミノ酸。

    それで午前10時ごろにL-カルニチンを飲んだところ、低血糖になりました。
    なんか足にくるな、と思ったんですが、筋肉痛かと思いました。

    そして、ちょっと横になったら2時間寝てしまったんです。

    途中で、
    「お昼だ、ごはん食べなきゃ…」
    とうっすら意識はあるのですが、体が動かない、起きられない…

    やっと起きて、すぐ血糖値を上げるために缶チューハイを飲んでしまいました。

    L-カルニチンについて調べたら、たしかに血糖値低下作用の記述が!
    私は一度、αリポ酸でも似たようなことをやっています。

    CoQ10も血糖値低下作用あるみたい。
    脂肪燃焼を助けるサプリ糖尿病におすすめなサプリの類は、低血糖症の人は避けておいたほうが無難かもしれません。

    こちらのサイトでは、
    ビタミンB2・マグネシウム・亜鉛・クロム
    も血糖値を下げるとありますね。

    これらは低血糖症の治療でも使われる栄養素なんで、せっせと摂っていました。
    でももし効果がないのなら、止めてみるのも1つの手です。

    私はお通じのためにマグネシウムを飲んでいます。
    個人的に、マグネシウムで低血糖になる感じはないです。
      
      

    一方、L-グルタミンは、血糖値を上げます。
    L-グルタミンは果糖と組み合わせれば、効果がありそうです。

    関連記事:「αリポ酸の副作用で低血糖に!!代謝を上げるつもりが…」
    関連記事:「フラッシュフリーナイアシンがいい感じ!その効果と注意点」

    まとめ

    懲りもせずに、アルギニンとL-カルニチンのダブルで低血糖になった話でした。

    アルギニンL-カルニチンαリポ酸は低血糖症の私にとっては、血糖値低下作用があるため、NGらしいです。

    ビタミンB群に入っているB2、B3(ナイアシンアミド)も血糖値を下げます。

    L-グルタミンは逆に血糖値を上げるらしいから大丈夫そう。

    ブドウ糖以外で血糖値を上げるのは、今分かっているのは果糖ナイアシンL-グルタミンですね。
    ナイアシンはフラッシュで湿疹が猛烈にかゆくなり、かきこわしてしまうのでフラッシュフリーナイアシンがいいです。
    マグネシウムを休止して、L-グルタミンをとってみます。

    スポンサーリンク

    低血糖症でもいろいろな原因・体質の方がおられます。
    病院に行っている方は、お医者さんの処方に従ってくださいね。


    ココ