果糖で血糖値が上がったかも?低血糖症にはありがたい

  • by
  • 太ってるほうの非嘔吐過食のブログへようこそ。

    私は低血糖症 で、血糖値が下がっても血糖値上昇ホルモンが働いてくれません。
    膵臓のグルカゴン、副腎のアドレナリンの反応が悪くなっています。
    (注:素人の考えです)

    グルカゴンとアドレナリンは血糖値を上げ、体脂肪を分解するホルモンです。
    これらが分泌されないと、ダイエットできません。
    健康な方では、空腹時に分泌されているはずです。

    フルーツに含まれる果糖が、グルカゴンとアドレナリンの分泌を刺激するかも、という記事をネットで見ました。
    苦手なフルーツですが、実験としてまずはりんごを摂ってみました。

    スポンサーリンク

    りんごジュースは果糖が多い?他のジュースと比較してみた

    私はフルーツに、ビタミン・ミネラル・食物繊維を求めていません。
    天然の果糖(フルクトース)が入っていることが重要です。

    空腹時(低血糖時)にとって、グルカゴン・アドレナリンが分泌するかどうか(血糖値が上がるかどうか)体感で観察します。
    果糖が多くて手に入りやすかったので、りんごとりんごジュースを選びました。

    調べたところ、たしかに、りんごジュースはオレンジジュースやパイナップルジュースに比べて、果糖が多いですね。

     カロリー(kcal)炭水化物(g)ブドウ糖(g)果糖(g)
    オレンジジュース4210.71.92.1
    パイナップルジュース4111.12.82.8
    りんごジュース43
    11.42.76.2
    ※食品成分データベースより。100gあたり。いずれも濃縮還元果汁。

      

    では、食事記録です。

    スポンサーリンク

    果糖とブドウ糖で低血糖はどうなるの?食べたものと体調観察

    朝食 りんごジュース400cc、アイスコーヒー(写真なし)

    りんごジュースをたっぷり飲みました。
    300ccでおなかがいっぱいになりました。
    1時間半くらいかけて、りんごジュースとコーヒーを飲み終えました。

    体は動くし、温かいです。
    これなら筋トレできそうだと思い、上半身のスロトレを軽くおこないました。
    筋トレできるということは血糖値が上がっているということです。
      
      

    筋トレ後すぐ、昼食にしました。
    もち、ピーナツバター、野菜の蒸し炒め。

    昼食後は昼寝をする習慣です。
    もちはGI値が高いので、食後は血糖値が上下して眠くなります。

    昼寝の寝起きも悪く、また低血糖気味になっているようです。

    りんご1個食べました。
    目が覚めて、午後の活動ができました。

    ジュースを飲んだりりんごを食べたりした後は、胃が変な感じです。
    膨満感というか、ごく軽い嘔吐感があるといってもいいです。
    それを超えると、血糖値が上がった感じがします。

    夕食前に、りんごジュース100cc(写真なし)を飲みました。


    夕食はそば粉蒸しパン(冷凍ミックスベリー入り)と野菜の蒸し炒めです。
    やっぱり炭水化物は美味しいな~。

    翌朝、体重を測りました。

    スポンサーリンク

    果糖は太る?血糖値が上がって食事量が減って体重も少し減った!

    2日後の体重変化は次の通り。

     スタート時2日後増減
    体重
    66.6kg65.8kg-0.8kg
    体脂肪率32.5%31.5%-1%

    たった2日なので、やせたというには微妙でしょうか?

    私は糖質制限時代、フルーツは悪、果糖はブドウ糖より悪いと思っていました。
    ところが今回りんごをとってみて、血糖値が維持できることが分かりました。

    もちろん、フルーツは果糖だけでなくブドウ糖も含まれていますので、血糖値が上がるのは当然です。
    ただ、数時間維持してくれるとは思っていませんでした。
    ブドウ糖ですばやく血糖値を上げて、GI値の低い果糖であとから上げる感じでしょうか。

    そして、ひどい空腹感はないので、食事量が自然に減りました。

    関連記事: 「低血糖症はグルカゴン分泌不全?!分泌を刺激する物質とは?」
    参考サイトさまの記事:「低血糖に対する血糖上昇機構が障害されるメカニズム」

    まとめ

    りんごで、摂取カロリーが抑えられ、少し体重を落とすことができました。
    空腹時の血糖値を維持してくれたことが大きいです。

    実際に果糖によってグルカゴン分泌・アドレナリン分泌が増加したかどうかは、測定しているわけではないので不明です。
    ですが、体験談としては、低血糖にならなかったといえますね。

    健康な方で、自前のグルカゴン分泌・アドレナリン分泌が正常な方は、中性脂肪が増えるので果糖をとることはむしろ有害かもしれません。
    健康な方は、空腹時は間食をとらず、体脂肪を燃やしてダイエットしてくださいね。

    スポンサーリンク


    ココ