低血糖症は筋トレで治るか?糖新生能力が復活するか?

  • by
  • 糖尿病の治療法で、筋トレをする人々がいます。
    本格的な高強度トレーニングで、ムキムキになると、ケロッと糖尿病が治るそうです。
    血中遊離脂肪酸が減り、膵臓と肝臓の機能が復活するから、またインスリンなしで筋肉に血糖を収納できるからです。

    低血糖症は糖尿病とは逆の症状が出ますが、血糖値調節異常という点は同じです。
    インスリンが過剰か、不足かという大きな違いはありますが。

    そうすると期待が湧いてきます。
    糖尿病を筋トレで治せるなら、低血糖症も治せるのでしょうか?

    スポンサーリンク

    糖質制限時の筋トレは無理だった!高炭水化物食ならできる

    私は昔、釜池式糖質ゼロ食で一時的にやせたことがあります。
    一瞬だけ52kg・体脂肪率22%になったんですが、そのあと猛烈にリバウンドし、この体験がどうも糖新生能力を破壊したようです。
    いま67kgで体脂肪率32%です。

    その後は糖質制限で3食や頻回食をしてみました。
    せっかくたんぱく質をとるので、筋トレもやろうと思ったんですが、低血糖でフラフラになってできませんでした。

    常に糖質に飢え、お肉を1kg食べて、カフェインとアルコールが手放せなくなりました。
    ただ、たんぱく質が過剰なので、運動しなくても筋肉と脂肪が同じ割合で増えていきました。

    でもいま私は、高炭水化物食をしていますから、糖質に飢えることはありません。
    高炭水化物食で筋グリコーゲンが満タンなので、食前にスクワットをすれば、血糖貯蔵庫のスペースが空き、筋力も鍛えられますよね。

    筋肉への血糖の取り込みはインスリンにたよらずに行えるので、食後も高血糖にならず、インスリン分泌も抑えられます。
    ということは、低血糖症の人にも筋トレはピッタリなのでは?

    スポンサーリンク

    もし糖新生能力が低かったら?カロリー制限ができない!!

    いや、しかしやはりここで糖新生能力が問題になります。
    高炭水化物・高たんぱく質のカロリーオーバーで筋トレをすれば、筋肉量は増えます。

    しかし、糖新生ができなければ減量期を設けることができません。

    冒頭で述べた、筋トレで糖尿病を治すメソッドも、最初は標準体重を基準にしたカロリー制限を行います。
    でも、私は摂取カロリーを減らすとすぐ低血糖になるため、カロリー制限がどうしてもできない…

    糖質をとっていても、軽いスロトレでもやりすぎると低血糖になります。
    昨日、朝食前・昼食前・夕食前に10~20回ずつ、スクワットをしました。

    最初はよかったのですが、夕食前に低血糖になり頭痛が出ました。
    夕食をとっても回復せず、3時間寝込んで、夜中にごはんをわしわし食べる羽目に。

    冷静に考えると、午後4時は低血糖になりやすい時間帯なので、危険ですね。
    でもたいして追い込んだわけでもなく、4時間ごとに糖質をとっててこんなていたらくです。

    ちなみに、脂質代謝をアップさせるために、鉄・マグネシウム・亜鉛・ビタミンB群を補ってみましたが、効果がありません。
    問題は脂質代謝ではなくて、糖新生能力だからです。

    糖新生能力を回復させるにはどうしたらいいのでしょうか。

    糖新生はグルカゴンの分泌によって促されます。
    つまり、膵臓の機能の正常化が重要です。

    脂肪肝のように、膵臓に脂肪がつくとその機能が阻害されます。
    その脂肪を除くには、カロリー制限が有効ですが、私はそれができません。

    では、カロリー制限はひとまずおいておきます。

    カロリーオーバーで高強度筋トレをして、体脂肪とともに筋肉を増やすと、どうなるでしょう。
    筋肉量が増えれば基礎代謝は増えますし、血糖の貯蔵庫は大きくなります。

    しかし、それで糖新生ができるようになるかというと、直接の関連はなさそう。
    糖新生できなければ、必要摂取カロリーも体重も増えたまま、不可逆ということになります。
    そして筋トレをさぼるとすべてが体脂肪になるということに…

    う~ん、どうもうまくいきそうにありません。
    ちっちゃい力士みたいになりそうですね。

    スポンサーリンク

    まとめ

    糖新生能力がないとダイエットできないけど、糖新生能力を回復させるためにはダイエットが必要です。
    あくまで私の場合ですが、現状では、ってことですね…

    低血糖症のタイプや原因はその人によってかなり違います。
    摂食障害や肥満とは無縁の方もいらっしゃいます。

    スポンサーリンク


    ココ