小麦アレルギーの症状!大人の場合(2週間グルテンフリー後)

  • by
  •  
    管理人、2週間ほどグルテンフリー を試していました。

    きっかけはひどい唇の割れ
    ごはんを食べたりするだけでピキッ。
    化粧をするのにファンデを両頬に滑らせたら唇を左右に引っ張ってしまった~!ピキッ。

    もしかして、と思い、小麦粉・ライ麦粉・オートミール・そば・米を抜いていました。

    グルテンフリーのテスト期間終了後、パンをむっしゃむっしゃ食べてみたところ…

    うわ~、いろんな症状が!
    小麦粉アレルギー確定ですね。

    こんなのも小麦アレルギーの症状だったのか~!! と思いました。

    スポンサーリンク

    小麦粉アレルギーの症状とテストの仕方

    私の場合、病院にはいかず2週間小麦粉を断って、それから再び食べてみるという簡易テストをおこないました。

    2週間のあいだ、主食はさつまいもとじゃがいも で、前半は米とそばもとっていました。

    今回は即時型の小麦アレルギーを想定していて、グルテン不耐症(下痢など)や、セリアック病(リーキー・ガット症候群など)には意識を向けていません。

    以下が一般的な小麦アレルギーの症状です。

    ◆消化器症状…下痢、ガス、吐き気、嘔吐、便秘など
    ◆呼吸器症状…咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど
    ◆皮膚症状…じんましん、かゆみなど
    ◆アナフィラキシーショック…アレルギー症状が全身・内臓におよび、急激に機能低下してひどいときは死に至る。意識喪失、呼吸困難など。

    ざっと調べたときには、小麦アレルギーの症状の中には「唇の割れ」はありませんでした。
    ただ、皮膚症状としては充分ありえますし、小麦で唇に水泡ができたという人もおられました。
    最初に食べ物が触れるところですからね。

    スポンサーリンク

    小麦粉アレルギーの症状!グルテンフリー2週間ではっきりしたもの

    私が2週間のグルテンフリーののちに、小麦粉を再摂取して出た症状は以下のとおりです。

    ◆呼吸器症状…鼻炎、鼻の穴が痒い、鼻の中にかさぶたができる

    くしゃみ鼻水は食べてすぐ出ます。もうこれは慣れっこ。

    そのほかに、私はいつも鼻を指でこする癖がありました。
    調理関係の仕事の時に、鼻は雑菌がいるので触らないように言われるのですが、止めることができませんでした。

    さいきんになって、鼻の穴が痒いということが増えました。
    鼻の中が乾燥し、やたらと鼻くそ(失礼)ができ、かさぶたになるようになりました。
    これは鼻の粘膜がやられている症状だと思います。

    鼻をこする癖も、これの軽いバージョンだったのかと思い当たりました。

    ◆呼吸器症状その2…息苦しい、痰、むせる、喉が腫れる、口内炎

    パンを食べて消化されたころ、3時間後くらいからかなり息苦しくなりました。
    気道や肺が腫れている感じです。


    自然と呼吸が浅くなり、充分息を吸い込めません。

    血糖値が上がるから運動しなきゃと思ったのですが、息苦しくてできません。
    アレルゲン食品を食べたあとに運動すると、食物依存性運動誘発アナフィラキシーが出る可能性もあるので、途中でやめました。

    また、私は高校生のときに合唱部だったんですけど、いつも喉に痰がからんでいて困っていました。
    これも小麦アレルギーだったのか~と思いました。
    息苦しいのは最近たまにあった症状ですが、昔から軽度のアレルギー反応は出ていたのでしょうね。

    さいきんでは、なにもしてないときに急にむせたり、風邪ではないのに喉がかゆく腫れたりといった症状が増えました。
    グルテンフリーの時は出ないで、食べ続けて数日経つとハッキリと出てきます。

    そのほか、食後すぐのどの奥にぽちっと口内炎ができたりします。

    ◆皮膚症状…目の周りのじんましん、外耳炎、唇が裂ける

    それから先月皮膚科にかかったとき「ストレスが原因」といわれていた、まぶたのじんましんが再発しました。
    頭皮の湿疹もかゆいです。
    のみぞ・耳の穴もかゆく、浸出液が出たりします。

    の皮は固くなり、やがて裂けてヒリヒリします。

    ◆その他…暑い

    あと、暑い。

    小麦粉製品を食べたあとは、すごく暑がりになり、皮膚も敏感になる感じ。
    クーラーをガンガンいれていました。
    昔から暑がりで汗かきだと思っていましたが、小麦アレルギーのせいかもしれません。

    今後どうするか?一生小麦粉を食べないの?

    大人の食物アレルギーの場合、基本的には対象の食品を除去するのが唯一の策です。
    年単位で除去したのちに、少量ずつ食べ始めます。

    もともとパンが大好きなので、食べられないのは残念ですが、パンを多く食べると、「息苦しさ・暑さ」が出ます。
    私にとってはこれがかなり不快です。

    食べ続けている間は当然のように感じていましたが、グルテンフリー期間を設けてみると、それが生活の質を落としていることに気づきました

    ですから、自分の意志で小麦は除去したいと思えますね。
    ま、ただ、たまに辛さを忘れて食べてしまうことはあると思います。

    簡易テストではハッキリしなかったこと

    適当におこなったグルテンフリーだったので、まだ分からないこともあります。

    米・そばに関しては、息苦さは軽度ですがやはり症状がでますし、唇はひどく割れます。
    米とそばを除去すると食べるものがいも類しかなくなるので、除去するかどうか迷っています。

    あと、レンズ豆や小豆のスープでも唇の割れがありました。
    最初はブイヨンのせいかと思ったのですが「たんぱく加水分解物」の入っていないものを使っていたので。

     

    これのせいじゃなかった…ってことは豆か、豆もだめなのか…
    いろいろショックすぎて、正確に判定することができませんでした。

    スポンサーリンク

    「たんぱく加水分解物」とは?なにで出来ているの?

    ところで、「たんぱく加水分解物」は食品に旨味を添加する目的で使われている「食品」。
    添加物ではありません。

    原料はありとあらゆるたんぱく質です。
    塩酸で加水分解してアミノ酸にし、旨味のもととして利用します。
    単なるアミノ酸よりも複雑な旨味があり安価なため、市販の加工品にはかなりの確率で入っています。

    で、原料は肉や魚の残りだったり、大豆や小麦だったりします。
    7つの特定原材料「乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに」については原材料表示の義務があります。
    「たんぱく加水分解物」の原料が小麦であれば表示されます。

    ただ、特定原材料に準ずるもの20品目「オレンジ・りんご・キウイフルーツ・バナナ・もも・くるみ・大豆・まつたけ・やまいも・牛肉・鶏肉・豚肉・あわび・いか・いくら・さけ・さば・ゼラチン・ごま・カシューナッツ」については表示は推奨で、義務ではありません。
    ですから、「たんぱく加水分解物」の原料が鶏肉や鮭であっても、表示されない可能性があります。

    大物(小麦・ライ麦・オート麦・米・そば)を除去し、たんぱく加水分解物を含む塩昆布を浅漬けに使っていたときは、

    • 唇の乾燥、ヒリヒリ
    • 食後、のどの奥に口内炎

    でした。
    「小麦・大豆」を含む表示がありました。

    まとめ

    あくまで私の場合ですが、小麦アレルギーの症状として次のようなものがあります。

    • 呼吸器症状…息苦しい、喉に痰がからむ、鼻炎
    • 皮膚症状…まぶたの湿疹、外耳炎、唇の乾燥・割れ・ヒリヒリ
    • その他…暑い

    食べてすぐ唇が腫れあがるとか、全身に発疹が出るとかいうことはありませんが、息苦しいのは重症かなあと思います。

    スポンサーリンク

    米・そばも小麦ほどではありませんが、似た症状が出ます。


    ココ