カフェインの離脱症状のつらさ!カフェイン断ち失敗談

  • by
  • 管理人、健康のためカフェイン断ち を思い立ちました。
    離脱症状として頭痛というのがよく知られていますよね。

    とりあえず頭痛対策をして、試してみたのですが…

    いや~こんな離脱症状がつらいとは…!!

    カフェイン断ちを考えている方は、よくよく覚悟が必要かと思われます。
    情けない話ですが、失敗談をシェアさせていただきますね。

    スポンサーリンク

    カフェイン断ちをする目的

    離脱症状がつらそうだと知ってはいたのですが、なぜカフェイン断ちをしようと思ったのか?

    管理人は標準体重を越えていて、なかなかやせることができません。
    体重のセットポイントを下げる方法を調べていたところ、その中に「睡眠をしっかりとる」というものがありました。

    私は、朝濃いコーヒーを飲みます。
    午後9時就寝・午前5時起床なんですが、9時に眠れたことはありません。
    眠りたいのに寝付けず、午前2時ごろまでゴソゴソしているのが辛いときもありました。

    やせるために睡眠を改善しよう、そのためにカフェイン断ちをしようということです。

    ほかにも、

    • 菜食主義なので、カフェインによって食事中のカルシウムや鉄分を失いたくない
    • 低血糖症なので、膵臓や副腎に負担をかけたくない

    という理由があります。

    スポンサーリンク

    カフェイン断ちの頭痛を防ぐ方法は?ビタミン・ミネラルと頭痛薬

    私は午前中、インスタントコーヒーをティースプーン2杯分飲んでいます。
    アイスコーヒーにして一度に飲みます。

    以前はコーヒー3杯とカロリーゼロのコーラのペットボトルを1本飲んでいましたが、減らしました。
    現在はそれほど多く飲んでいるわけではないので、離脱症状も軽いほうだとは思います。

    でも事前に1日テストしてみたら、かなりひどい頭痛で大変でした。
    カフェイン断ちの離脱症状は頭痛だけではありませんが、私は一番頭痛がつらいと思い、頭痛に備えておきました。

    • 無水カフェインが入っていない市販の頭痛薬
    • ビタミンB群100mg×1日3回
    • ナイアシン500mg×1日3回
    • カルシウム1000mg&マグネシウム500mg

    ビタミン・ミネラルについては、ビタミンの本で頭痛に効くと書いてあったものです。
    でもナイアシンは血管を拡張させるため、カフェイン断ちの頭痛には効かないような気がしました。
    市販の頭痛薬も、カフェインが入っていないなら効かないような気がしました。

    ちなみに、ほかの離脱症状は、

    • 体がだるい
    • 意欲がわかない
    • 目が痛く、パソコン画面や本を見ることができない
    • ぼーっとして考えがまとまらない

    などがあります。

    1週間のあいだ、仕事や運動は休んでいいことにしました。
    カフェイン断ちに成功した方は、3~7日がピークということが多かったからです。

    カフェイン断ちの経過

    • 1日目

    前日2杯分のコーヒーを飲んだものがまだ切れていないのか、それほどひどい離脱症状は出ませんでした。
    昼に、カルシウム&マグネシウム、ビタミンB群、ナイアシンを飲み、夕方頭痛の気配がしたため、もう1度ビタミンB群とナイアシンを飲みました。

    • 2日目

    朝4時前から、右の前頭部がズキズキする痛み。
    イブを飲んだらほぼ収まってよかったです。

    2度寝してしまいましたが、朝食後にビタミン・ミネラルを飲みました。
    頭痛が出てない間にスロトレもできました。
    昼寝はしましたが、午後は頭痛のことを忘れていました。

    ちょっとコーヒー飲みたいな、と1度思いました。
    コーヒーは飲んでいないのに、空腹のためか夜寝つきが悪かったです。

    • 3日目

    午前中に軽い頭痛、念のためイブを飲みました。
    午後はだるさと眠気が強かったです。
    ごろごろしてうたたねしながら、目が覚めたら用事をする感じでした。

    • 4日目

    4日目は頭痛なし!
    しかし朝食後からだるさと眠気で1日ぼーっとして過ごしました
    これほんとうに治るのかな~? 不安になってきました。

    • 5日目

    午前中に軽い頭痛、イブを飲みました。
    昨日よりはいいけど、まだだるいです。
    体もだるいし、気分はうつっぽく意欲もなくなります。

    昼寝してしまうので、夜は寝つきは悪いのですが、以前のようにイライラする感じはありません。

    • 6日目

    朝食後、頭痛。
    これは、夜間の低血糖のあとに朝食をとると必ず出る頭痛です。
    私は低血糖症なのでよくこの頭痛になります。

    カフェインの離脱症状ではありませんが、この症状にはカフェインが効くため、いつもコーヒーを飲んでいました。
    コーヒーが飲みたい! 
    しかし、我慢してイブを飲み、痛みは軽くなりました。

    スロトレもできましたし、午後は比較しゃきっとしていました。

    スポンサーリンク

    • 7日目

    朝食後の頭痛とだるさが悪化しました。
    食後、眠くてだるいため、1日じゅう横になっている状態。
    座っていることができないんですよ。

    姿勢の悪さ、運動不足、過眠がまた偏頭痛の原因になります。
    頭痛薬も飲んで、1週間のうち5日も飲んだことになります。
    これはいけない、頭痛薬の乱用も偏頭痛の原因になります。

    …これは失敗ですね!!!

    ためらいましたが、コーヒー2杯分のアイスコーヒーを飲みました。
    とたんにシャキッとしましたよ。
    あきらかにカフェイン依存です。

    関連記事:「朝食後の頭痛がつらい!その原因と対策」
    関連記事:「偏頭痛に効く海外のサプリメントは?薬を使わない予防法!」

    まとめ

    カフェイン依存が思いのほか手ごわかったです!! 
    たしかに寝つきはよくなりましたが、1日中寝る羽目に!!

    あとで気づいたのですが、私は低血糖症で、自力では血糖値が上がらないのです。
    いままでカフェインで無理やり血糖値を上げていたんですね。
    だるさの原因は、カフェインを断って、低血糖気味になったことだと思います。

    一応ダイエット目的でしたが、1週間のうち一度も日課のストレッチができず、運動不足でぜんぜんダイエットにつながりそうもありませんでした。

    頭痛薬をこんなに飲むつもりはなかったし、7日以内に離脱症状が治まると思っていました。
    だるさがこれほど重いとは
    さすがに1週間以上うたたねしてばかりはいられないため、カフェイン断ちを中止しました。

    なお、ナイアシンは血管を拡張させるため、やはり偏頭痛を悪化させる気がしました。
    無水カフェインの入っていない頭痛薬は、少し痛みが残るものの、意外にも効果がありました。
    しかしこれは人によると思います。

    偏頭痛は収縮した血管が拡張するときに起こるものなので、血管を収縮させるカフェインは偏頭痛に効きます。
    しかし、カフェインの離脱症状は偏頭痛そのものですから、あまり意味がありません。

    スポンサーリンク

    カフェイン依存のデメリットと、カフェイン断ちのメリットとを天秤にかけて、もう一度よく考えてみたいと思います~。


    ココ