非嘔吐過食の体重は?セットポイントを下げたい!

  • by
  • 非嘔吐過食にはやせている人から太っている人までいろいろいると思います。
    拒食傾向が強い30kg台の人と、むちゃ食い傾向が強い100kg近い人とでは、自分の体重に対する感じ方はやや異なるかもしれません。
    でも基本的に、やせなくてはいけないという恐怖と、周囲の目が気になる点は共通しています。

    管理人はつねに標準体重を越えているタイプでした。
    別に40kg台など求めていなくて、せめて標準体重になりたいだけなのに…
    過食とダイエットによって、体重のセットポイントが上がってしまったのでしょうか。

    非嘔吐過食のやせ願望と、体重のセットポイントを下げることについて考えてみます。

    スポンサーリンク

    非嘔吐過食のやせ願望!なぜそんなにやせたいの?

    私は太っているほうの非嘔吐過食で、やせ願望もそれほど強くないタイプでした。

    私の場合、やせることは「女性らしさ」と結びついています。
    自閉傾向のため人と接するのが苦手ですから、やせていようが太っていようが、女性性を華やかに表現したいという欲望がありません。
    若いころは、太っていることは性的な対象・女性の社会的役割を引き受けることを防ぐ鎧でした。

    でも太っていると、通りすがりの男子たちに罵倒されることがあります。
    男子は、なぜか3人以上になると、自分より弱い立場にある、自信のなさそうな太った女子を侮辱する習性があります。

    「デブ」という言葉がその女子の心をもっとも傷つける言葉であることを知っていて使うんですよ。
    おそらく、男子本人も自尊心が低く、群れの中での優位性を示すための示威行為だと思います。

    だから、女子はみんな自分に自信をもつようにしなければなりません。
    本気で自分の体型を受け入れなければ、いつになっても自信のなさに目をつけられて、「デブ」「ブス」っていわれますから。


    管理人はいまは自分が太っていることを受け入れています。

    こないだ、コーラルピンクのTシャツと水色のデニムに、ベージュのナチュラルタイプの羽織を着て、パンプスを履いて買い物に行ったら、男性の好意的な視線を感じました。

    男性は明るい色が好きなので、いつも着ている黒のTシャツにグレーの上着より目を惹いたのでしょう。

    管理人は男性を魅惑したいんじゃなく、みじめな扱いを受けたくないだけです。
    自分を受け入れていれば、太っていてもある程度そこはクリアできます。

    やせてから自分を受け入れるんじゃないですよ。
    自分を受け入れてないから、やせ願望が強くなっているのです。

    スポンサーリンク

    重要なのは、自分のいやなことをしない、嫌いな人とは距離を置く。
    自分の好きなことだけする。
    それが自分を受け入れるための第一歩です。

    自分を受け入れたら太ったままになるんじゃない? という疑問が湧いてくると思いますが、そこは正しい食事にすればいいだけです。
    病的なやせ願望そのままにやせるワケはありませんが、自分の満足いく体型にはなると思います。

    関連記事:「非嘔吐過食のダイエットと運動はこう選ぶ!」

    体重のセットポイントを下げるには?地味ごはんとスローペース

    非嘔吐過食の人が過食をやめるには、まず、心理面では自己肯定感を高める必要があります。
    栄養面ではたんぱく質・ビタミン・ミネラルを補充する必要があります。
    低血糖症になりかかっている人は、一時的に糖質制限も必要かもしれません。

    過食が止まったら、ダイエットできる状態になります。
    体重のセットポイントを下げるためには、なるべく複雑な味の物は食べないほうがいいです。

    過食を誘発する1つの原因として、魅惑的な加工品があります。
    ポテトチップにチョコをつけたもののような、しょっぱいもの甘いものの組み合わせ。
    カリカリ、ふんわり、プチプチ、なめらか、サクサク、しゅわーっといった食感の組み合わせ。

    コンビニの新商品などは、食べ物というよりそういった食べたときの快感をメインにした商品が多いですね。
    消費者の購買意欲をかき立てるため、食品製造業界もあの手この手を繰り出してきます。

    しかし、砂糖、塩分、粗悪な油脂、精製穀物、添加物などが、あなたの脳の快感ポイントを突いて、脳内に報酬の快感ホルモンを分泌させます。
    そういった砂糖と塩と油と食感の混合物は、いくら食べても満たされることなく、もっともっと、過食を呼びます。

    食欲が満たされないので、体重のセットポイントが上がったままになってしまいます。

    ですから、おやつにりんごとかさつまいも、食事は雑穀ごはんに薄味の味噌汁と根菜のおかず、あるいはサーモンに塩コショウしただけのソテー、といったような食べ物を選ぶといいのです。
    それらは地味で素材の味がし、食べたときの脳内の報酬が高くありません。

    体重のセットポイントを下げるには、地味なものをシンプルな調理方法で食べるといいです。

    スポンサーリンク

    ほかに体重のセットポイントを下げるには、月に1~1.5kgくらいのペースで減量するのが大事。

    いずれもストレス過食がしたい、どうしても早くやせたいなど、非嘔吐過食特有の心理があるとむつかしいことだと思います。
    そこを乗り越えればダイエットに取り組めます。

    まとめ

    非嘔吐過食の人は、過食をやめることとダイエットを分けたほうがいいかも。

    まずは過食をやめるために、自分を大切にすること。
    学校や仕事で自分のやりたくないことを1つやめてみてください
    それから、嫌いな人と距離を置いてみましょう。

    あなたの好きなことはなんですか?
    すぐには難しくても、好きなことに徐々に近づいていきましょう。

    そうして自分を受け入れたら、やっとダイエットができるわけです。
    でも、過食によって体重のセットポイントが上がってしまっているかもしれません。

    セットポイントを下げるには、

    • 複雑な味と食感の加工品・ジャンクフードで脳の報酬系を刺激しない

    地味で素朴な自然食品を食べましょう。
    また、

    • 月に1~1.5kgの地味な減量にとどめる

    この2つを意識しましょう。

    スポンサーリンク


    ココ