グルテンフリーとは?グルテンをとっちゃダメな人と食材の一覧

  • by
  • グルテンフリーとは、小麦粉のたんぱく質の1つ、グルテンが入っていないということ。
    簡単にいうと、小麦粉製品や小麦粉の成分を一切とらないことになります。

    でも小麦粉やグルテンが体に悪いというわけではありません。
    小麦粉アレルギーやグルテン不耐症などをもっている人は避けなければならないという意味です。

    グルテンフリーの食材にはどんなものがあるのか、またグルテンで体調が悪くなる人はどういう人なのか、まとめました。

    スポンサーリンク

    小麦粉以外の穀物って?グルテンフリーの食材一覧

    問題になるのは、主食となる穀物ですね。
    まずは小麦粉以外のOK食材を挙げます。

    • 米、玄米、米粉
    • 十割そば、そば粉
    • キヌア、アマランサス、キビなど雑穀
    • とうもろこし、コーンフレーク(小麦粉を含むものもあり)
    • ホワイトソルガム(たかきび)
    • タピオカ粉
    • コーンスターチ
    • 片栗粉(馬鈴薯でんぷん)
    • 春雨(主食にするには消化が悪いので副菜に)
    • ビーフン、フォー
    • さつまいも、じゃがいも
    • チョコレート、あめ、和菓子など

    ※その他、肉・魚・卵・乳製品・野菜・果物・ナッツ・海藻・油はOK。

      
    小麦粉は安くて美味しくて加工しやすいため、これをとらないことは難しいもの。
    ただ工夫すれば、主食に事欠くことはありません。

    オートミールなどは小麦と成分が近い麦類なので、次のNG食材に入れてあります。

    グルテンが含まれている食材!パン以外にも気をつけたいもの

    次にNG食材です。

    • 小麦粉、パン、パスタ、ピザ
    • うどん、そうめん、ラーメン、焼きそば
    • ライ麦粉、ライ麦パン
    • 大麦、もち麦、丸麦
    • オートミール(燕麦、オーツ)
    • 小麦粉が含まれているお菓子、ケーキ
    • お好み焼き
    • 揚げ物
    • ビール、焼酎など酒類の一部
    • 餃子の皮、まんじゅうの皮
    • ムニエルや照り焼き、タレなど
    • 麩(ふ)
    • カレーのルー
    • ちくわ・はんぺんなど練り製品
    • 麦茶
    • 麦芽・麦芽エキス
    • 味噌、醤油、酢、ドレッシングその他調味料の一部
    • ビタミン剤の包材など

      
    澄まし汁の具になるお麩は、グルテンでできていますからご注意ください。

    ちくわなど練り製品の中には、つなぎとして小麦粉を使っているものがあります。

    また、たんぱく加水分解物の中には、小麦粉が原料のものがあります。
    たんぱく加水分解物はうまみを出す食品で、原料はいろいろなたんぱく質です。
    原料に小麦をつかっている場合は「原料の一部に小麦を含む」とアレルギー表示されます。

    化粧品やシャンプーに小麦たんぱくを配合している例もあります。
    商品の表示をよく見て避けましょう。

    グルテンじゃないけど、グルテンに似た植物性たんぱく質

    小麦と近い品種である麦の仲間はグルテンとは別ですが、それに似たたんぱく質が含まれています。
    それが疑似グルテンとして作用するため、過敏な人ではこれらも除去します。

    • 大麦(押し麦・丸麦・もち麦)
    • ライ麦
    • はと麦
    • オート麦(燕麦、オートミール)

    市販の雑穀ごはんの素には、押し麦などが含まれていることが多いです。
    麦茶の原料も大麦です。

    グルテンフリーの目的はダイエット?グルテン不耐症?

    グルテンフリーダイエットとは?

    グルテンフリーダイエット・・・・・は小麦を消化できない「グルテン不耐症」、小麦粉に反応する「小麦アレルギー」、グルテンに反応する「セリアック(穀物)病」の人の食事法(diet)のこと。

    減量を意味するものではありません。
    減量したいなら、グルテンフリーではなく、カロリー制限と適度な運動をしましょう。

    グルテン不耐症

    グルテン不耐症は、グルテンを消化する酵素が欠如した人に起こる症状です。

    1. うつと不安
    2. ADHD(注意欠陥多動性障害)
    3. ブレイン・フォッグ(脳の霧、ぼーっとした状態)
    4. 自己免疫疾患(リウマチなど)
    5. 抵抗力の低さ
    6. 歯と骨の問題(カルシウム吸収不良による歯や骨の弱さ)
    7. 説明できない体重減少・体重増加
    8. 偏頭痛
    9. 皮膚の問題(湿疹・ニキビ、乾癬、ヘルペス様皮膚炎)
    10. ホルモンバランスの悪さ、副腎疲労
    11. 関節痛・筋肉痛
    12. 極度の疲れ

    ※参照元はコチラ

    低血糖症の何割かの人はグルテン不耐症だそうですが、たしかに少し症状はかぶっていますね。

    これは検査はとくになくて、2週間グルテンフリーをしてみて、次にグルテンをとって不調が出るか出ないかで判断するようです。

    グルテン不耐症は、次の小麦アレルギーとセリアック病とは発症のしくみが違い、区別されています。

    スポンサーリンク

    小麦アレルギーとセリアック病

    小麦アレルギーは即時型で、食べてすぐ~2時間後くらいに、じんましんや湿疹、くしゃみ・咳などの症状が出ます。
    セリアック病の症状は、グルテン不耐症とかなり似ていますが、ガス・腹部膨満感・下痢など消化器症状が特徴です。

    この2つは満2歳までに小麦を食べたことが原因といわれています。
    その時期の乳幼児は腸管透過性が高く、小麦たんぱく質やグルテンの大きな分子を体内にとりいれてしまいます。
    それに対して抗体ができて、アレルギー症状を起こすわけです。

    小麦アレルギーは小麦そのものに反応します。
    セリアック病はとくにグルテンに反応し、腸壁の細胞を攻撃してしまいます。

    日本では離乳食に粥を与えたりしますから、お米でも同じことが起こりえます。
    米アレルギーというのもありますね。

    リーキー・ガット症候群

    また、成人してからでも、腸内環境が悪くなる「リーキー・ガット症候群」を発症することがあります。

    ストレスやカンジダや薬、添加物、毒素などによって小腸に傷がつくことが原因と考えられています。
    小腸のバリア機能が働かなくなり、グルテンほか卵や乳製品のたんぱく質が大きい分子の形で血液に入ってしまいます。
    それに対して抗体ができ、腸で炎症が起こります。

    腸で炎症が起こると炎症を抑制するために副腎ホルモンのコルチゾールが大量に消費されます。
    そうすると、ほかの部分の炎症抑制ができなくなったり、血糖値調節がうまくいかなくなったり、肥満したりします。

    ですから、アトピー性皮膚炎や低血糖症・副腎疲労症候群でも、グルテンフリーが勧められることがあります。

    でも腸内環境を整えるにはグルテンフリーにするだけでなく、ストレスや添加物、抗生物質や頭痛薬にも気を配らねばなりません。
    またアレルギー除去食を完全におこなうことは、それ自体大変なストレスですよね。

    あらかじめOK食材NG食材の情報を集め、すでに試している人の失敗談も読み、余裕をもっておこなったほうがよいと思います。
    コチラの「グルテンフリー生活」さんがとっても詳しくて分かりやすいですよ。

    スポンサーリンク

    穀物食のリスク!アブシシン酸、スーパーフード、食物アレルギー

    ところで、グルテンフリー生活さんによると、雑穀のキビでも「唇の割れ」が出るそうです。
    すべての穀物が持っている「アブシシン酸」(アブシジン酸)が怪しいそうです!

    穀物は植物の種で、乾燥した状態では発芽しないようアブシシン酸で発芽を抑制しています。

    人間は、水に浸したり、加熱したり、発酵させることでそういった毒を除去し、穀物を食べる工夫をしてきたんですね。

    発芽すればアブシシン酸はなくなりますが、発芽玄米は乾燥させて売られていますよね。
    乾燥で再びアブシシン酸が増加し、発芽玄米を食べるときは、玄米以上に水に浸さねばならないとか。

    また、これは直接関係はありませんが、スーパーフードとして取り上げられる、キヌアの話。
    地味な穀物だったキヌアが爆発的に人気になり、価格が高騰した結果、産地のペルーでは環境負荷が大きくなったり、地元の人が食べられなくなって食文化の破壊が起きたりしているそう。
    ちょっと胸が痛む話ですね。

    話は変わりますが、管理人は、小麦アレルギーだと思っていたら、米やそば、豆でもアレルギーが出ることが分かりました。
    豚肉・鶏肉でも出るので、グルテンフリーをしても、唇の割れや湿疹が治らず…
    そんな例もありますので、小麦アレルギーの人は、食物アレルギーの検査を受けるといいと思います。

    まとめ

    グルテンで体調が悪くなるのは、次のような場合です。

    • グルテン不耐症(消化酵素の欠如)
    • 小麦アレルギー(小麦たんぱく)
    • セリアック病(グルテン)
    • リーキー・ガット症候群

    グルテンフリーは、おもに小麦粉を除去します。
    ライ麦・大麦・ハト麦・オーツ麦にも、グルテンに似たたんぱく質が含まれています。
    人によってはグルテンフリーダイエットをするときにはそれらも除去します。

    穀物はアブシシン酸など、植物が身を守るための毒をいくつかもっています。
    玄米や発芽玄米、雑穀なども昔ながらの方法で、しっかり水に浸けて加熱すれば解毒できます。

    スポンサーリンク

    グルテンフリーを実施しても体調が良くならない場合は、アブシシン酸や、穀物および食物全般のアレルギーなども考えられます。


    ココ