さつまいもダイエットの効果!食べ放題なのに1日で0.6kg減

  • by
  • 韓国アイドルが実際にやせているとかで、さつまいもダイエットがアツいんですか?
    ぜんぜん知らなかったけど、あんなに細いのはさつまいもダイエットのおかげなんですね。

    私は韓国アイドルとはまったく無関係に、孤独にさつまいもダイエットを試していました。
    しかも1日中、ほぼさつまいもだけを食べるという、ちょっとリスクのある食べ方です。

    ちょっと栄養バランスが悪いので注意点はありますが、1日で0.6kg減りました!
    なによりすごいのは、カロリーダウンしながらも、めっちゃ元気だったところ。
    また定期的にやりたいと思いました。

    スポンサーリンク

    さつまいもダイエットの効果

    さつまいもは、甘くて低GI値(GI値55)という、素晴しい食品です。
    カロリーは低すぎもせず、高すぎもせず、ちょうどいい感じ。

    私は前回「じゃがいもダイエット」をしたんですが、じゃがいもは私にはカロリーが低くって、体が省エネモードに入ってしまったんです。
    それで今回は、さつまいもだけ食べてみたところ…

    非常に満足感があり、胃の容量もいっぱいになります。
    血糖値もほどよく上昇して、満腹中枢を刺激してくれます。

    しかも、食物繊維が豊富なのに、お通じも快調。
    さつまいもに含まれている白い乳汁状のアレ、「ヤラピン」という樹脂配糖体が便を柔らかくしてくれるそう。

    そして、ごはんや私がいつも食べている自家製パンと比べてもカロリーが低いため、知らないうちにカロリーダウンできます。
    私のようにたくさん食べたい人にもおすすめです。

    100g当たりの栄養成分じゃがいもさつまいもライ麦25%パン
    カロリー(kcal)76134389
    たんぱく質(g)
    1.61.211.0
    脂質(g)0.10.21.8
    炭水化物(g)

    17.631.979.2

    1日で0.6kg減体脂肪率は1.1%減です。
    生理前だってことを考えると、これは成功といっていいと思います。
    ダイエット停滞期の打破にちょうどいいかも。

    さつまいもダイエットのレシピ

    私が食べたメニューはこんな感じ。

     朝 蒸しさつまいも
     昼 ソイプロテイン、蒸しさつまいも
     3時 蒸しさつまいも
     夕 大根煮、蒸しさつまいも

    1日で食べたさつまいもの量は1.35kgくらい、さつまいもだけで1890kcal。
    ほかのものも含めて2000kcal食べました。
    私の維持カロリーは2200kcalですので、200kcalカロリーダウンできました。

    多すぎると思われるかもしれませんが、私はカロリー制限ができないおデブなので…
    200kcalのカロリーダウンはちょうどいい感じ。
    じゃがいもダイエットの400kcalダウンは減らしすぎでした。

    反面、じゃがいもダイエットでは、じゃがいもがアミノ酸をまんべんなく含んでいるため、他には野菜を食べるだけで、栄養バランスはバッチリでした。
    でも、さつまいもだけでは栄養バランスはよくありません。

    とくにたんぱく質が不足するため、カロリー内で低脂質のたんぱく質を補う必要があります。
    私は消費したいソイプロテインを飲みましたが、鶏ささみでも、低脂肪乳でもOK。

    ビタミン・ミネラルについてはバランスよく含んでいるので、何日もさつまいもダイエットを続けるのでなければ問題ありません。

    さつまいもは砂糖や塩なし、ノンオイルで、できれば皮ごと食べます。
    メープルシロップ少しなら、かけてもいいですよ。
    炭水化物をとるので、脂質はとらないほうがいいです。

    私は、切ってから圧力鍋で加熱して食べるだけでしたが、なにしろ甘いのでじゅうぶん美味しかったです。
    手をかけたい人は、オーブンでじっくり加熱するともっと甘くなります。

    お水はたくさん飲みました。
    食前・食後・食中・食間おかまいなく、ミネラルウォーターを1日3~4リットルは飲みました。

    さつまいもダイエットの注意点

    さつまいもダイエットは1日で終了です。
    やはり「さつまいもだけ」はよくありませんし、ほかにも食べたいものがありますからね。

    私がちょっと困ったのは、野菜が食べたいと思ってさつまいもと組み合わせると、野菜のGI値が低いために、食事全体のGI値が下がってしまうことです。
    あと、カロリーも減りますね。
    私はある程度のカロリーをとりたかったので、さつまいもばかり食べていました。

    あるいは、1日のうち1食をさつまいも1個(500kcalくらい)に置きかえる、1食の主食をさつまいも150g(200kcalくらい)に置きかえるといった、安全な方法もありますね。

    こっちの方はかなり楽しく続けられます。
    私はグルテンフリーをしたいときに、1日1~2回、さつまいもを主食にしています。

    関連記事:「じゃがいもダイエットの効果は?メニュー紹介!」

    まとめ

    私が1日で0.6kg減に成功した「さつまいもダイエット」は、ほぼさつまいもだけダイエットです。
    おなかいっぱい満足するまでさつまいもを食べて、実はカロリーダウンできるところがポイント。
    カロリー計算より、満足感のほうが大事ですよ。

    1日の食事をさつまいもと、ささみや低脂肪乳など低脂質なたんぱく質にします。
    さつまいもは砂糖・塩・油脂はなしで、できれば皮ごと食べましょう。

    栄養バランスが悪いので、1日で終えてくださいね。


    ココ