α-リポ酸の副作用で低血糖に!!代謝を上げるつもりが…

  • by
  • ここのところ、どうも調子が悪く、低血糖状態が続いていました。
    いろいろ食事を工夫して、高たんぱく質にしたり糖質をとってみたり。
    でも、なにをしてもフラッシュバックも起きやすくなって、メンタルもぼろぼろになってました。

    その原因が、数日前から飲み始めたα-リポ酸のサプリメントだったのです。

    スポンサーリンク

    代謝を上げるサプリ?糖代謝にかかわるα-リポ酸

    α-リポ酸は、アンチエイジングやダイエットによいとされるサプリメント。

    もともと体内で合成される物質で、ビタミン様の抗酸化物質です。
    ビタミンCやビタミンEが不足しているとき、ピンチヒッターとして代わりに働いてくれる優れもの。

    糖質の代謝を助ける働き もあります。
    私は低血糖症なので、食事で糖質をどれだけとればいいのか、というのが今の課題。
    糖質を上手に代謝できたらいいなと思ってα-リポ酸を試してみました。

    スポンサーリンク

    いままでより激しい低血糖症状を誘発

    最初は、高たんぱく質食をしながらも、体によさそうな野菜や果物を食べていたので、その分の糖質の代謝のため、α-リポ酸を飲みました。
    低糖質なのでぐっと体重が減ったのですが、かなりフラフラになってしまいました。

    これはいけないと、次に糖質をとる食事に切り替え、食後にα-リポ酸を飲みました。
    糖質をとると食欲に歯止めがかからなくなるのは想定内でしたが、いつもに比べて、おなかがいっぱいなのに食欲がある感じが変でした。
    あと、いつもより食後の昏睡がひんぱんに起きました。

    今朝、バタバタしていてあとで食事をとろうと思い、空腹時 にいつものサプリ一式とα-リポ酸をなにげなく飲みました。
    家事をしていたら、突如ものすごい脱力感 を覚えてヤバイと思いました。
    手の震えはないのですが、足に力が入りません。

    これはマズイと気づき、あわてて軽食をとりました。

    そのあとたまたまネットを見ていたら、α-リポ酸で「自己免疫性低血糖」になるおそれがある、という言葉が目に入りました。

    な、なんだってー!?

    インスリン自己免疫症候群とは?

    ある種の物質をとると、インスリンに対して自己抗体ができてしまいます。

    抗体はほんらい、ウイルスや毒を攻撃して体を守るものですが、インスリン自己抗体は、インスリンに対してできて、インスリンにくっつきます

    くっついてれば、インスリンの働きを妨げて高血糖になるんですが、結合が弱いので離れやすい。
    結合が離れて血中インスリン濃度が急に高まると低血糖をきたす。

    くっついて離れるため血糖値の上下が激しいので、低血糖症状が出るということらしいです。

    で、最初に述べたある種の物質が、薬剤だったりα-リポ酸だったりするのです。
    この症例の89%が日本人で、どうやら遺伝的なもののようです。

    α-リポ酸の服用をやめれば、自己免疫性低血糖は治ります。
    私はすぐ服用をやめ、メンタルも食欲も元に戻りました。

    空腹時にα-リポ酸を飲んだので発覚しましたが、振り返ってみると、高たんぱく質食でも高糖質食でも低血糖になっていたことが分かります。
    低血糖の恐ろしさを再確認する出来事でした。
    逆に、低血糖を起こしさえしなければ、まともな生活が送れるんだ、ということも思いました。

    低血糖を誘発するかも?体によいほかの食材

    いままでの経験上、「血糖値を下げる」食材も場合によっては要注意です。
    インスリンの働きをたすける物質などが含まれています。
     

    • 青魚および魚油
    • 玉ねぎ
    • ブロッコリー
    • カレー
    • 緑茶

    朝、糖質制限でさんま水煮缶を食べて低血糖になったことがあります。
    これらの食材は空腹時にとらなければ、あるいはごはんなどの糖質と組み合わせれば問題ないと思います。

    低血糖症の人は、空腹時に緑茶を飲むのはよくないかもしれませんね。
    (糖尿病の人に対してはむしろよいでしょう)

    関連記事:「L-カルニチンで低血糖に!血糖値を下げるサプリは要注意!」

    まとめ

    代謝を上げようととったサプリメントに、知らなかった副作用がありました。
    サプリメントは効能を調べることは簡単ですが、副作用についてはノーチェック、私の怠慢でした。

    スポンサーリンク

    市場に登場したときは副作用が知られていなくても、人気が出ることで副作用を起こす人が出現して、あとで注意喚起されることもあります。
    低血糖症の人はαリポ酸の服用は要注意です。


    ココ