ダダモ式ダイエット!A型のあなたに合う食材!

  • by
  • 糖質制限がうまくいかない人は、自分に合うたんぱく質を見直しましょう。
    たんぱく質をはじめ、『ダダモ博士のNew血液型健康ダイエット』からA型さん の体によいとされる食材、悪いとされる食材を列挙しました。

    血液型抗原の「分泌型」「非分泌型」で異なるところは、全部NGに入れてあります。
    詳しく知りたい方は本をお読みください。

    またここでは身近なものだけ書いてあります。
    あんまり厳密にやろうとするとストレスですので、牛と豚肉をやめるだけでもいいかなって思います。

    A型の人はストレス厳禁です。

    スポンサーリンク

    ダダモA型の魚

    OK:鮭、サバ、いわし、あじ、たら、金目鯛、まぐろ、ぶり、かつお、めかじき、いくら、あわび、にじますなど
    NG:イカ、タコ、エビ、ロブスター、カニ、牡蠣、はまぐり、ほたて、うなぎ、舌平目、カレイ、たい、にしん、アンチョビ、キャビアなど

    基本的には魚から動物性たんぱく質をとりましょう。

    鯛は金目鯛はいいけど、真鯛と甘鯛はだめとはどういうことか…いちおう、すべての食材と血液を反応させて、「凝集」するかどうか調べているらしいです。

    軟体類、甲殻類、貝が不得意みたい。
    よい魚も毎日毎食食べろとは書いてなくて、週に3回くらいでよいそう。

    ダダモA型の肉

    OK:鶏、ターキー
    NG:それ以外すべて

    A型は胃酸が少なく、肉を消化しにくい体質で、脂肪として蓄積してしまいます。
    食べるなら、鶏肉を週2回くらいで、食べなくてもよいらしい。

    スポンサーリンク

    ダダモA型の卵と乳製品

    OK:鶏卵、うずら卵、モツァレラチーズ、リコッタチーズ、山羊乳のチーズ、フェタチーズ、ヨーグルト
    NG:牛乳、スキムミルク、カゼイン、ホエイ、バター、牛乳の熟成チーズ全般、クリームチーズ、プロセスチーズ、アイスクリーム、カッテージチーズなど

    卵と乳製品は少量にしておきましょう。
    プレーンヨーグルトはOKですが、たんぱく質源・カルシウム源というより、嗜好品だと思いましょう。
    乳製品は、A型の場合、栄養素の代謝を妨げます。

    ダダモA型の豆類

    OK:大豆、味噌、豆乳、納豆、レンズ豆、小豆、そら豆、緑豆もやし、グリーンピース、えんどう豆など
    NG:赤いんげん豆(レッドキドニービーンズ)、白いんげん豆、ひよこ豆(ガルバンソー)など

    A型にとって、大豆は消化・吸収がよく、やせやすいたんぱく源!
    お手軽な豆ミックスなどに入っている、赤いんげん豆とひよこ豆には要注意。
    大豆アレルギーのある方は、スープで煮られるレンズ豆がおすすめです。

    ダダモA型のナッツ

    OK:ピーナッツ、くるみ、亜麻の種、かぼちゃの種、アーモンド、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ペカンナッツ、栗、ごまなど
    NG:カシューナッツ、ピスタチオ、ブラジルナッツ

    A型の人は、ナッツは1日に一握り食べてもいいと書いてあります。
    ピーナッツはバタピーじゃなくて、薄皮付きの落花生のことのようです。
    渋いくるみがOKで、おいしいカシューナッツはNGなんですね。

    ダダモA型の野菜

    OK:ブロッコリー、おくら、さやいんげん、さやえんどう、ほうれん草、かぼちゃ、かぶ、玉ねぎ、人参、セロリ、生姜、にんにく、アスパラガス、レタス、カリフラワー、大根、きゅうり、ズッキーニ、緑豆もやし、かいわれ、ビーツ、竹の子、まいたけ、マッシュルーム、えのき、海藻など
    NG:キャベツ、白菜、じゃがいも、トマト、ナス、ピーマン、パプリカ、しいたけ、さつまいも、とうもろこし、山芋、ゴーヤ、ピクルス、オリーブ

    野菜は、代謝効率を高め、腸の動きをよくしてくれますのでたくさん食べましょう。
    万能選手のキャベツやじゃがいも、トマトがNGなのでご注意を。

    ダダモA型の穀物

    OK:アマランサス、米、そば、オート麦、ライ麦、大麦、キヌア、あわ、きび、タピオカなど
    NG:小麦粉(精製も全粒もふすまも胚芽も)、とうもろこし、クスクス

    小麦粉は意外にも、外皮に含まれる物質がよくないらしく、全粒小麦やふすまが太りやすいと書かれています。
    精白小麦は分泌型はOKですが非分泌型がNGですので、小麦全般NGにしてあります。

    A型はお米と大豆で、日本人らしく食べるのが一番いいみたいです。

    とうもろこしは加工品にコーンスターチやコーンシロップなどとして含まれていることがありますので、ラベルをよくみて避けましょう。

    ダダモA型の果物

    OK:パイナップル、いちじく、レモン、ライム、プルーン、プラム、杏子、グレープフルーツ、さくらんぼ、ブルーベリー、クランベリー、りんご、モモ、柿、梨、いちご、ざくろ、金柑、ぶどう、キウイ、アボカド、レーズン、デーツ、マスクメロン、グアバ、ラズベリー、エルダーベリーなど
    NG:オレンジ、パパイヤ、ハネデューメロン、バナナ、みかん、マンゴー、ココナッツ

    A型の人は毎日3食、果物を欠かさないでください。
    ベリー類とパイナップルがとくにおすすめで、やせやすい食材に挙がっています。

    起床後すぐ、きれいなお水コップ1杯にレモン半分をしぼって飲むと消化管をきれいにしてくれるとのこと。

    ダダモA型の油脂

    OK:亜麻仁油、オリーブオイル、くるみ油、キャノーラ油、ひまわり油、アーモンド油、大豆油、ごま油、タラ肝油
    NG:べにばな油、コーン油、綿実油、ココナッツオイル、ビーナッツ油

    オリーブオイルは消化を助け、むくみをとってくれるとのこと。
    美容に健康によいとされるココナッツオイルよ、さようなら…

    スポンサーリンク

    ダダモA型の調味料・スパイス・ハーブ

    OK:味噌、醤油、にんにく、ターメリック、カレー粉、パセリ、バジル、ミント、セージ、シナモン、はちみつ、メープルシロップなど
    NG:こしょう、マスタード、酢、マヨネーズ、ケチャップ、ウスターソース、ゼラチン、化学調味料、アスパルテーム、カラギーナン、グアーガム、アラビアゴム、唐辛子、チリペッパーなど

    A型の人はお酢が消化できないので、酢を含むマヨネーズなどもNGです。
    唐辛子とこしょうがNGなので、辛味がほしいときはにんにく・しょうががいいです。

    ダダモA型の飲み物

    OK:緑茶、赤ワイン、コーヒー
    NG:炭酸水、コーラ、清涼飲料水、蒸留酒、ビール、紅茶(カフェインレス含む)

    緑茶は抗酸化作用があるので、たくさん飲んでいいです。
    カフェインに過敏な人は緑茶やコーヒーの代わりに、ミネラルウォーターをたくさん飲みましょう。
    赤ワインは1日1杯で心臓病予防になるとのことです。

    スポンサーリンク

    ダダモの注意事項

    ダダモでは、正確にはA型でも血液抗原の分泌型/非分泌型の2タイプに分かれます。
    分泌型がOKでも、非分泌型はNGという食材(またはその逆も)があります。

    国内の遺伝子検査で調べることができますが、3万円前後と高いので、自分が分泌型か非分泌型か分かる人は現実には少ないと思われます。
    ここに挙げたOK/NGは、いずれのタイプであっても問題がないように書きました。

    でも、決して食べてはいけないのではなく、NG食品は全体の20%以下に抑える、くらいでOK。

    アレルギーのある方はアレルギー回避が優先ですので、ダダモは忘れて、安全な食材を選んでください。

    食材が制限されている分、食べる頻度が高くなりますので、食べたあと調子が悪いものは、念のため控えましょう。

    重要なことですが、低血糖症のA型の女性から、ダダモ博士にこの食事法がうまくいかないと訴えが多かったそうです。
    そういう人は、炭水化物を減らしてたんぱく質を増やしてください。

    鶏肉と魚、大豆製品とナッツ類を多めにとりましょう。

    関連記事:「ダダモ式ダイエット!O型のあなたに合う食材!」
    関連記事:「ダダモ式ダイエット!B型のあなたに合う食材!」
    関連記事:「ダダモ式ダイエット!AB型のあなたに合う食材!」
    関連記事:「血液型の分泌型/非分泌型を調べる方法!遺伝子検査受けたよ」

    まとめ

    ここでは『ダダモ博士のNew血液型健康法』にのっとって、たんぱく質をはじめ、A型の人向けの食材を挙げておきました。
    だいぶはしょってありますので、詳しくは本でご確認ください。

    太りやすい肉・乳製品・小麦粉は控え、やせやすい大豆・野菜・果物・ナッツ・オリーブオイルをとりましょう。

    スポンサーリンク


    ココ