骨格診断ナチュラルの私が自己肯定感を上げた話

  • by
  • 骨格診断とは、生まれつきの骨格、肌や肉付きの質感によって、似合う服を選ぶメソッド。

    これを知っていると、似合わない服を買って「いつか着るから」と箪笥の肥やしにすることが減ります。

    また、骨格診断はやせている/太っているには関係ないので、いまの自分でファッションを楽しむことができます。
    私は太っているけど、これを知ってから少しファッションに自信が持てました。

    さらにパーソナルカラーと組み合わせると、かなり自分に似合う服を選ぶことができますよ。

    スポンサーリンク

    骨格診断とは?3タイプでざっくり分ける

    骨格診断では骨格のタイプをストレート/ウェーブ/ナチュラルの3型に分けます。


    この名称は、骨格の様子ではなくて、似合う服のスタイルを表していると思ってください。

    • ストレート:胸に厚みがあり、上半身に重心がある。筋肉質
    • ウェーブ:胸が薄く、下半身に重心がある。華奢
    • ナチュラル:骨や関節が大きい。下半身に重心がある

    それぞれに似合う服は以下の通り(ざっくり)。

    • ストレート:ハリのある生地で立体裁断の服。きっちり仕立てた白シャツの胸元を開ける、タイトスカートなどが似合う。メリハリのある体型を生かしたきれいめスタイル。
    • ウェーブ:柔らかい生地で、ふんわり曲線的な服が似合う。胸元が寂しいので、フリルやストールなどでボリュームアップ、ハイウエストでAラインのワンピースなど。
    • ナチュラル:厚手でざっくり、粗くてごわごわで重みのある生地で、直線的なデザインが似合う。ローウエストでロング、重心は下へ下へ。ラフ・カジュアル。

    もちろん、2タイプの特徴を持った人もいますし、童顔かシャープな大人顔かも影響してきますが、少なくともまったく違うタイプは除外できると思います。

    骨格診断はプロに診断してもらうのが一番いいです。
    どうしても自分の好きな服がガーリーなウェーブだと、自己診断で無理矢理ウェーブにしてしまう、といったことはあるので。

    私は自己診断でナチュラルです。
    いくらデザインが可愛いと思って買っても、シフォンのブラウスなどはまったく似合わないです。(ウェーブ向けですね)

    くわしくは、「骨格診断・パーソナルカラー診断color&Style1116」さんなどをご覧ください。
    スタイリングのBefore&Afterや混合タイプの方のスタイリングも載っていて勉強になります。 

    スポンサーリンク

    パーソナルカラーとは?似合わない色ってあるよね

    パーソナルカラーも重要です。

    メイクアップのファンデーションでブルーベース/イエローベースという概念を聞いたことがある人もいると思います。
    静脈の青い色が反映された青み肌の人が、黄みの強いファンデーションやアイシャドウ、リップカラーを使うと、顔色が悪く見えてしまうんですね。

    パーソナルカラーでもブルーベースかイエローベースか、さらに淡い色と濃い色とどちらが似合うか、という分類があります。


    ※私がペイントでつくった図なので、あくまでもイメージでとらえてくださいませ。

    好きな色、似合わない色ってだいたいご自分で把握していると思います。
    ブルーベースかイエローベースかは、爪や唇がピンク系かコーラル系か、ビビッドかソフトかは、目と地毛の色が黒いか茶色いかなどで判断します。

    これをマスターすれば、着られない「色」は基本的にないです。
    同じピンクでもダスティーピンクからコーラルピンク、フーシャピンク、オレンジピンクとあります。

    私はパステルサマーなので、ディープオータムの辛子色は似合いません。
    黄色が着たいときは、ライトレモンイエローを選びます。

    むつかしいのは、白かもしれませんね。
    パステルサマーの人はソフトホワイト、ブリリアントウインターの人は純白、ブライトスプリングの人はアイボリー、ディープオータムの人はオイスターホワイトが合います。

    同じように、黒や茶、紺、グレーなどにも微妙な色合いの差があります。
    青みと黄み、色の濃さに留意して選ぶと、ベーシックなアイテムでも自分を魅力的にしてくれます。

    使う面積の問題もあります。
    ブリリアントウインターの人にフーシャピンクが似合うといっても上着をフーシャピンクにしたらやりすぎ感が。
    小ぶりなバッグやVゾーンの差し色にするくらいがいいでしょうね。

    お店に自分の似合うデザイン・色のものがなければ買わないことです。
    自分に本当に似合う服は、1シーズンに1着見つかるかどうかくらいの確率です。

    ファッションアイテムを安いからとか、流行っているから買うのではなく自分に似合うかどうかで買ってみませんか?

    スポンサーリンク

    似合う服を着ることで自己肯定感を上げる!

    ナチュラル/サマーの私はこないだ秋のセールのときに、中くらいのグレーの、メンズのざらざらした質感のカットソーカーディガンを買いました。

    ちなみに私のサイズはLLですが、メンズでトップスを買うときは3Lを買います。
    メンズは着丈が長いのと、肩が落ちて袖も長いのが、ナチュラルタイプに流用できます。

    春になって着るものがなくて、そのカーディガンをひっぱり出して着てみたら、似合う。
    近所にいく恰好で、厚手のTシャツにジーンズ、それを羽織っているだけなのに、気分が上がります。

    また、ナチュラルの人に似合うTシャツは、厚手のごわごわしたものです。

    これ、女性ものではかなり厚手で、ボディラインを拾いません。
    首元も、すこし立体的でバインダーが太いため、ごつい鎖骨にとても似合います。
    女性のTシャツは、しなやかで柔らかくバインダーが細いものが多いため、この商品は貴重です。

    私は3Lサイズだから、モデルさんのようにはなりませんが、それでも似合ってスタイルアップします。
    太っていても気分がよくなるって、楽して得した感じです。

    こういう分類って、自分を新しい観点で把握することに利用できるんですよ。
    自分のことを知るって、面白いですよ。

    まとめ

    自分に似合うファッションが分かる、骨格診断パーソナルカラー

    いずれもプロに診断してもらうとけっこうお金がかかりますけど、ま、そこはネットで自己診断してみませんか?
    他の人の例とかみると、自己診断でも間違うことが減ると思います。

    スポンサーリンク

    自分を知ると、なぜか自己肯定感が上がってくるのでオススメです。


    ココ