過食を止めるサプリ!私にはこれ!

  • by
  • がんばってバランスよく3食食べているはずなのに過食が止まらない。

    あるいは糖質制限でしっかり食べているはずなのに過食が止まらない、標準体重より太ってしまった…

    そういう人には、その過食を止める方法があります。

    スポンサーリンク

    過食を止める方法!欠乏している栄養素を補う

    摂食障害を克服しようとがんばって食べようとしているのに、過食してしまう。

    そういう場合は、なにか栄養素が足りないのかもしれませんね。
    もしある時点で栄養素が欠乏してしまったことを知らなかったら、カバーできないですよね。

    それは、お母さんの胎内にいるときから続いているかもしれないし、お母さんの栄養不足も長期にわたって続いていたのかもしれない。
    それに加えて、自分がダイエットや摂食障害で栄養欠乏にとどめをさしたのかも。

    ですから、積極的に栄養素を補っていく必要があります。
    もし特定の栄養素が欠乏しているのなら、それを補えば過食は止まります。

    もちろん個人によって違いますけれど、たいていは次のものになるでしょう。

          

    • たんぱく質
    • 鉄分
    • ビタミンB群
    • 亜鉛
    • マグネシウム

    スポンサーリンク

    自分はなにが欠乏しているか?

    ネットで「ビタミン 欠乏症」「ミネラル 欠乏症」で検索すれば、おおまかにですが知ることができます。
    できれば栄養療法のクリニックで血液検査をしてもらい、解析してもらうといいです。

    私はお金がないので、栄養療法の本を買って、自分に出ている症状から欠乏している栄養素を推測しました。
    (自己診断は危険だと、本に書かれていますのでオススメできません)

    私の場合、爪に白い斑点が出ていて、それが治りません。
    亜鉛不足だときいて毎日サプリを飲んで、たまに倍増しても治りません。
    亜鉛はインスリンの構成要素なので、糖質過多なら亜鉛不足になるのは分かります。

    でも私は糖質制限していたのに、なんで亜鉛不足なんだろうと思っていました。
    実は、それはたんぱく質の代謝にビタミンB6が必要だからでした。

    ビタミンB6が不足すると、血中の亜鉛は高くなるのですが、体内にじゅうぶん吸収されないのです。
    私は肉を食べすぎて、ビタミンB6不足から、亜鉛不足になっていたのです。
    (菜食にしたら、爪の白い斑点が見事に消えました…)

    また、ビタミンB6を増やすのであれば、ビタミンB2も同量必要で、マグネシウムも増やさなくてはいけないそう。

    やはり偏らない食事をとり、ビタミン・ミネラルをまんべんなくとりいれないといけないんですね。

    『栄養・ビタミン療法 栄養による精神的健康の改善』(マイケル・レッサー著/大沢博訳)p.81に、ビタミンB6欠乏についてこのように書かれています。

    「ピリドキシン(B6)欠乏はおそらく、てんかん様症状とヒステリックで、爆発的、不安定な、“情緒の動揺の激しい”うつの、最もありふれたビタミン欠乏因であろう。
    患者は、優れた知的な把握力は維持し、妄想や幻覚はないけれども、他の人々を避けなければならない、ひどく内気で病んだ隠遁者である。
    (中略)
    B6欠乏には低血糖が共通していて、頭痛、めまい、興奮性、集中できない、それに極度の無気力を引き起こす。その多くは、水分保持であることはしばしばである。過度の体重は、B6を与えると急速に減ってくる。B6欠乏の人々は、眉の上に“シャワーのように”ふけが落ちたり、頭皮と眉、鼻のまわり、耳のうしろに、脂っこいうろこが生ずるかもしれない。患者は腕と脚に、無感覚とひきつりを経験するかもしれない。彼らの手は乾いて裂け、ひどく痛むが、口と舌もやはり裂け、ひりひりとする。特に朝の吐き気と不眠は、ピリドキシン欠乏の他の顕著な症状である。」

    私はいま、他人とまったくかかわりたくない気持ちですし、過体重で、頭皮の湿疹からふけが肩に落ちます。
    手の指はさかむけやパックリ割れが治りませんし、唇が割れてひりひりします。

    「過度の体重は」「急速に減ってくる」だって!
    これ、ビタミンB6を飲むしかないな?

    あ、私の症状に合っているという意味ですよ。
    欠乏していない人は、過剰に飲んでもお金の無駄ですからね。

    でも、たぶん非嘔吐過食の人はビタミンB群が不足しています。
    ビタミンB群のサプリメントを買って、それぞれ100mgずつになるくらい飲んでください。

    私は海外の大容量のを買って、100mg×1日3回飲みます。
    高価なので、嘔吐せず、吸収する食事の後に飲んでくださいね。

    スポンサーリンク

    過食を高たんぱく質と栄養療法でやめる

    バランスよくなんでも食べるのが、過食と縁を切る方法です。

    私はいまのところ栄養療法がオススメだと思っていますが、ほんらい栄養療法はサプリメントを大量に飲めばいいってものじゃないです。
    大事なのは、自然食品を種類豊富に食べること。
    ただ、現代は便利になったのになぜか忙しく、なかなか3食しっかりと調理することがむつかしい…

    栄養不足だとしだいに疲労感も大きくなり、ますます料理ができなくなって悪循環。

    精白穀物(白米、白いパン、菓子)をとりすぎている人は、まずそれをやめます。
    代わりに高たんぱく質と栄養療法を同時にすることで、なんとか過食が止まると思います。
    栄養療法は専門のクリニックがオススメです。

    しかし保険適用外の診察になるため、ヘム鉄・ビタミンB群・亜鉛・マグネシウムをサプリでとってもいいでしょう。
    ダイエットはそのあとで。

    ただ、高たんぱく質食は一時的な対策です。
    そのままスルスルとダイエットできる人もいますが、高たんぱく質食が体に合わない人もいます。

    過食が止まった後、糖質制限/高たんぱく質食を続けるか、菜食にするか、バランスよい食事にするかは人れぞれです。

    関連記事:「過食を止めるサプリ!?ナイアシンの血糖値上昇効果!!」

    私に効いたのは意外にもフルーツでした↓
    関連記事:「非嘔吐過食がフルーツ食べてカロリー制限!過食防いでやせた」

    まとめ

    精白穀物をやめ、たんぱく質と自分に欠乏している栄養素さえ補えば、過食は止まります。

    たいていの人では、鉄分・ビタミンB群・亜鉛・マグネシウムが不足しています。

    スポンサーリンク

    過食が止まったあとは、自分の体質に合ったダイエット法を選び、健康を取り戻してくださいね。


    ココ