栄養療法とは?ビタミンB3で精神疾患が治る!

  • by
  • 栄養療法は、分子整合栄養医学、分子整合栄養療法、分子矯正医学、オーソモレキュラーなどともいいます。

    人それぞれ、必要としている栄養素の量には場合によって10倍の開きがあります。
    くわしい血液検査と解析によって、その人に最適な栄養素を補うことで健康になれるとする治療法です。

    精製糖質を避け、新鮮な野菜や肉・魚、未精製穀物からしっかり栄養をとります。
    不足する分は、サプリメントでビタミン・ミネラルを積極的にプラスします。

    薬を減らしたい、自分の病気の治療法に疑問をもっている人は、ちょっとのぞいてみませんか。

    スポンサーリンク

    統合失調症に栄養療法!

    栄養療法は、エイブラム・ホッファー博士が統合失調症ビタミンCビタミンB3(ナイアシン)が効くと発見したことから始まりました。

    統合失調症では、ビタミンCとB3をそれぞれ1~3gとります。

    ビタミンB3は顔面が紅潮する副作用があるので、高価ですがフラッシュフリーナイアシンの方がよいでしょう。

    ナイアシンアミドは同じビタミンB3であって、紅潮を起こさないのですが、ナイアシンのほうが効果が高いそうです。

    ホッファー博士は統合失調症を専門にしていたので、栄養療法は精神医学の分野の片隅でひそかに注目され続けていました。

    たとえば統合失調症の代表的な症状に、幻覚・幻聴があります。
    これはアドレノクロムという脳内物質が蓄積した結果起こります。

    脳

    アドレノクロムはアドレナリンが酸化したもの。
    アドレナリンは、ストレスを感じたときに副腎髄質および脳内で分泌されます。

    ビタミンB3をとると、アドレナリンの作りすぎを防ぎ、セロトニンでアドレナリンを抑制できます。
    ビタミンCは抗酸化物質なので、アドレナリンの酸化を防ぎます。

    統合失調症の原因はアドレノクロムだけではないようですが、ビタミンCとビタミンB3ですこしでも楽になるのなら、試さない手はありません。
    そのほか鉄、ビタミンC、B群、亜鉛、マグネシウムも、体内・脳内のあらゆるところで代謝に関わり、補酵素となります。
    特にビタミンB3は数百の代謝の補酵素となるため、ビタミンB3の大量投与に効果があるということです。

    関連記事:「ナイアシンフラッシュの効果と副作用は?花粉症にも!」
    関連記事:「フラッシュフリーナイアシンがいい感じ!その効果と注意点」

    うつに栄養療法!

    私は一時期、ストレスから「うつ病ではないが抑うつ状態」と診断されたことがあります。

    精神科で処方されたトレドミンなどを飲んでいました。
    でもよくなる感じがまったくしません。

    ネットで調べ、うつ病をサプリメントで治すというサイトを見つけました。

    サプリの内容は、イチョウ葉エキスやリローラなど、ストレスに効くハーブ類が多かったです。
    それも脳の血流や興奮を改善するので、オプションとしては有効です。

    ですが、基本的には食事からとれるような栄養素、必須栄養素が重要です。

    うつ病の人はセロトニンが不足しているのですが、セロトニンの原料はトリプトファンというアミノ酸。
    セロトニンができるには、さらにビタミンB6、葉酸、鉄、ビタミンB3が必要なのです。
    また、糖質過多だと、たんぱく質が不足し、ビタミンB群を消費してしまいます。

    たんぱく質・ビタミン・ミネラル不足はうつ病の必須条件のようなものなので、まず基礎となる食事を改善してください。
    精製糖質を控え、高たんぱく質な食事に、未精製穀物・野菜・果物などを添えます。
    基本的には食事から栄養をとり、足りない分はサプリメントで補います。

    栄養療法のクリニックはどこにあるの?

    「オーソモレキュラー.jp」で栄養療法をおこなっている全国のクリニックが検索できます。

    ただ、栄養療法は保険が効かないので高額なサプリメントと検査が問題だと思います。
    高額な検査をいくつも受けて、サプリを飲んだり、カンジダや水銀を除去したりした挙句、体調がちっともよくならないとブログに書く人も少なくありません。

    クリニックですすめる高品質サプリをまともに買うと、1か月分8万円などザラにある話です。

    私は、栄養療法の情報は書籍とネットで得ています。
    サプリはi-Herb.で買っています。

    もちろん、ネットの情報がすべて正しいわけでなく、調べていると別の意見、真逆の意見もあります。
    ですので、しろうとはあまり深いところにハマらず、基本的なサプリを適度に飲むくらいがいいでしょう。

    もしお近くに栄養療法のクリニックがあれば、血液検査と解析だけしてもらってもいいかも。
    (それでもけっこうお金はかかると思いますが…)

    関連記事:「ナイアシンフラッシュの効果と副作用は?花粉症にも!」
    関連記事:「フラッシュフリーナイアシンがいい感じ!その効果と注意点」

    まとめ

    栄養療法とは、体内の分子レベルで必要な栄養素を最適な量とって健康になる治療法です。
    必要な栄養素は一般にいわれている摂取量よりかなり多く、サプリメントでとります。
    基本的な栄養素として、たんぱく質、鉄、ビタミンC、ビタミンB群、マグネシウム、亜鉛があります。

    精神疾患にはビタミンB3が効くといわれています。
    フラッシュフリーナイアシンを試してみてください。

    スポンサーリンク

    食事からたんぱく質・ビタミン・ミネラルが十分とれるよう、工夫するのも大事です。
    薬を飲んでいる方は、栄養療法と食事と併用してくださいね。


    ココ