『その苦しみはあなたのものでない』(大嶋信頼)の感想

大嶋信頼先生の本は、青山ライフ出版から出ている「大嶋節」が前面に出たシリーズが好きな私。
『その苦しみはあなたのものでない』は、薄いけどそれらの集大成です。

 
それだけでなく、「万能感」という重要なキーワードが解説されています。

大嶋先生の「嫉妬」「万能感」は、「どうしてあの人はこんなヒドイことをするんだろう」という、対人関係の謎をスッカリ解き明かしてくれました。

まさか「万能感」「カリスマ性」が、無意識での一体感を邪魔しているとは…
道理で、いままで「万能感」で人生を好転させようとしてもうまくいかなかったわけだ。

でも、「万能感」って、「私ならできる」っていう一見よさげな心構えですけども…?

続きを読む

過食の原因は脳の緊張。では脳の緊張をとる方法は?

私は長年非嘔吐過食症だったのですが、ここ1年…とくに心理カウンセラーの大嶋信頼さんの本に出会って以降、すこしずつ快方に向かいつつあります。
まだ完治はしていませんが、いままさに克服している最中という感じ。

私は大嶋本を読んで、
「そうか、自分はトラウマがあるから、常に脳が緊張しているのだ。
 緊張を和らげるために非嘔吐過食というストレスが欠かせなかったんだ」
と気づくことができました。
ストレスで緊張を和らげるというパラドックスについては、前回の記事にも書いてあります。

じゃあどうやったらその「脳の緊張」をとることができるのか。

今回は、それについて私がやっていることを書いていきます。
といっても、大嶋先生の本を読んで、そこに書いてある呪文を唱えているだけ。
ただ、いちおう2ステップあって、まずは根本のトラウマの呪文から、となります。

続きを読む

非嘔吐過食をやめるきっかけ。自分が「トラウマの人」だと気づいた!

 
私は以前にも、非嘔吐過食が治ったかな!? と思ったことがありました。
結局そのあとまた過食が再発して、もっと太ってしまいましたが…
振り返ってみると、そのとき過食が止まる要因として、食事の改善・行動の変化の2つがありました。

でもそれだけでは不十分だったようです。
私にとっては、もう1つ、トラウマと非嘔吐過食の関係が分かったことが大きかったです。

あくまで私の個人的体験で、完治したわけではありませんが、現時点で過食が止まっている要因についてまとめました。

続きを読む

非嘔吐過食を克服する食事と、「やりたいことをやる」練習

 
「野菜・果物・米・魚」で地味めしをやっています。
油断すると、果物が抜けがちですが、そうそう、りんごジュースが重要なのでした。

3時間で空腹になっちゃってちょっと焦りました。
一瞬、これは過食欲求かと不安になって。
その都度軽く食べたり、おやつを食べたりしたら大丈夫でした。

あと、今日はやりたいことを1つ、勇気を出してやりました。

続きを読む

地味めしルールにしばられすぎない。お肉を食べお酒も飲む

毎日毎食「野菜・果物・米・魚」の地味めしだと、そのありがたみ・・・・・が薄れてしまいます。
ですので、毎日1回は外食だったりインスタントだったり、市販の惣菜だったりしてもいいかなと思います。

さぁ、何を食べよう? とスーパーに行ったら、大好物のカツサンドが売ってたんですけどね…
カロリーはともかく、アレルギー症状が出るな~と思って、やっぱりいつもの唐揚げを買ってきました。

鶏の唐揚げは「やせない」って心に言われてるので、これは純粋にぜいたく・お楽しみですね。
ちょっと気分が変わります。

続きを読む

地味めし継続中

 
今日も「野菜・果物・米・魚」の地味めし、4食でした。
用事はなくてのんびり過ごしました。

消費カロリーは少ないのに、食べた後ゆっくり休めると思うと、つい食べる量は増えますね。
ちょっと食べすぎたかも…

続きを読む

ないところからお金が湧いた!?引き寄せの法則を初体験

 
いや~、びっくりしました。
とうとう私も引き寄せができちゃいました。

以前から引き寄せの本を買ったり、MACOさんのブログを見ていたりしたんですよ。

 

MACOさんは意志も物質も同じく素粒子なので、願いは物質になるといいます。
私はすでにお金を持っていて、ただそれを物質として取り出すだけだと。
だから引き寄せを実現した人は、たいてい「ないところからお金が出てきた」と思うみたい。

続きを読む

これがほんとの地味めしメニュー。料理嫌いも自炊はできる

なんかインスタグラムで「地味めし」がブームらしいですね。
「そうか、私知らぬ間に最先端をいってたんだ!」と思って画像検索したら…
違った。

なんだい、みんなしっかりごちそうじゃんヾ(`Д´*)ノ
品数多いし、玄米を食べていたり、立派な魚がメイン張ってたり…

これは生まれつきの性質と育ちが関係していると思いますが、私、インスタ映えするごはんを作れといわれたら、とたんに興味が失せてしまう。
でもワンパターンな地味めしでいいなら、自炊してもいいなと思うのです。

あと、私は顆粒だしの味に酸味を感じてしまい、醤油と砂糖の組み合わせも苦手。
そのため基本的に煮物は登場しません。
でもたまに食べるとけっこうおいしいものですね。

続きを読む

「野菜・果物・米・魚」の食事記録。こんなもの食べました

「野菜・果物・米・魚」という食生活を試しております。
いわゆる粗食というやつですね。
魚を食べる菜食主義「ペスクタリアン」ともいうらしいです。

パンが食べられないし、魚苦手だしでつまんないので、ゆるくやっております
「やせられる食事って何?」という自問自答のなかから出てきた答えなので、どうしても従わなくてはいけないわけでもありません。

過食をやめるにはさびしさと向き合えばいいんだよな、と忙しくしていました。
(あ、これ気を逸らしているのであって、向き合ってないか)

とにかくエネルギーが足りず手足が冷たい時間が多かったです。
午前中こそ控えめな食事をしていましたが、夕方から夜にかけて本性が出てしまいました。

続きを読む

過食をやめる方法についての、「心よ!」の答え

昨日、「心よ! どうしたら過食をやめられますか?」と尋ねたけど、心が答えてくれなかった
と書きました。
「やせる食事は野菜・果物・米・魚」というお答えだったので、「まぁ、やせられれば、過食も治ることになるか」と思って、とりあえず食事を整えようとしました。
そして、その夜過食してしまいました。

ストロングゼロ、食パン2枚(凍ったまま)、うどん2玉、唐揚げ5個、冷凍庫に眠っていたそば粉蒸しパンひとかたまり。
ウワーッ!

いやいや、やせる食事を知ってても、それを守らず、過食しちゃったら意味ないし!
なんで過食してしまうんだろう?

改めて訊いてみました。

「心よ! どうしたら過食をやめられるの?」

→…(答えなし)


「心よ! 私はどうして過食してしまうの?」

「さびしいから」

えっ、私さびしいの?
そう言われれば、さびしい!!

続きを読む